ユニクロの新しいビジネスのアイデア

-shared-img-thumb-NKJ56_Lsizenooyouhuku_TP_V
スポンサーリンク

「ユニクロで買うべき」なものランキングで1位はヒートテックみたい。

実は、ヒートテックを持っていない・・・。

今年こそは買いたいと思うけど、社内の仕事なので、冬でもエアコンで暑いことが多く、ヒートテックなんて着た日には、逆に暑くて具合が悪くなる可能性もあるので、不要かもしれない。

しかし、外では暖かくて良さそうなので1着ぐらいは買っておこうかな?

ところでユニクロのランキングを見て思ったのが、すべてが服であること。

ユニクロといえば、「安い洋服屋」というイメージで、実体も「安い洋服屋」で成功しているのだからそれはそれで良いのだが、何かビジネス的に他の手はないのだろうか?

■ユニクロの新しいビジネスを勝手に考えてみた
【概要】

何か一つだけユニクロブランドの商品を店頭で販売

【内容】

何か一つだけというのがミソで、「お菓子」でも「にんにく」でも「調味料」の「醤油」でもなんでも良いから、他の店で売っている商品とは違うこだわりのある洋服以外の商品をたった一つだけ店頭で販売する。(※話題性を考慮して一つだけでなければならない)

その「一つの商品」を買うためだけにユニクロへ訪問する客が増えれば、普段はユニクロで洋服を買わないような客層でも、「一つの商品」を買うついでに洋服を買う可能性もあるので、相乗効果でより売り上げを向上できる可能性がある…ような気がする?

スポンサーリンク