AKB48の未来を予想

-shared-img-thumb-PAK85_yogencard1278_TP_V
スポンサーリンク

AKB48っていつから居たっけ?というのを調べてみると、結成したのは2005年らしい。

2005年12月8日、AKB48劇場で初公演を行い、2006年2月1日に「桜の花びらたち」でインディーズデビュー

 

近年のオリコンチャートを見てみると、CD売り上げは、AKB48でほぼ埋め尽くされている。

しかも、100万以上のミリオンヒット。

「当時AKBが結成されたのは、知っていたが、秋葉原?オタクしか見ないだろ?」

と内心は思っていたが、こんなことになるとは、予想もしていなかった。

CDがこんなにも売れている理由として、「握手券」や「投票券」が付いていることがある。

だから1人が100枚以上買うとか、もうCD本来の音楽を聴くという目的から逸れていると思われるが、とりあえず売れてしまえば良いという考えならこれはこれでビジネス的にはありかもしれない。

CDだけでなく、イベントも選抜総選挙とかじゃんけん大会とか次から次へと考えてやるので

意外と長く続いているのだろう。
そこでAKB48が次は何をやるのか勝手に予想してみた。

 

■今後のAKB48を予想

  • CDに三択券を付けてイベントで使用可能

イベントで一人を選んで「一緒に撮影可能」、「ビンタ」、「頭なでなで」の三択から一つのみ選択可能。

  • 次回、選抜総選挙をいつも通り行うが、順位の一番悪かった人をセンターに決定

順位の悪かった順に神7ならぬ、悪霊7としてMVを作成し、CD「あいたくなかった」を発売。

(発表直前まで概要を伏せておき、当日会場で徳光さんから発表)

ついでだから秋元康が次に考えるであろう○○○48について考えてみた。

 

■○○○48

①NET48(ニートの男女比24人:24人)

アルバイトや仕事などをやらせる。ドラマやバラエティー番組に参加させる。CDを出す。男女で恋愛のドキュメンタリーを作る。などいろんなことをやらせる。

②BSK48(不細工女性のみ48人)

洒落にならない本物で結成する。AKB48に逆の意味での対抗馬的存在にする。

③IKM48(男版AKB48)

美男を集めて秋元版ジャニーズの対抗馬とする。

 

次はどう出るのか?気になるような、どうでもいいような…。。

スポンサーリンク