ベッキーが芸能界で生き残るためのアイデア

-shared-img-thumb-SUN71_kaigainodaigaku1031_TP_V
スポンサーリンク

ベッキーさんとゲスの極み乙女のボーカル川谷絵音さんの不倫報道が正月早々されて話題になっている。

問題が発覚したのは、川谷さんが結婚しているにも関わらず、ベッキーさんと付き合っている内容のLINEや正月に実家へ訪問するなどが週刊誌に掲載されたことである。

ゲスの極み乙女は2ndフルアルバム『両成敗』2016年1月13日(水)に発売する予定がある。

一方、ベッキーさんは、ローソンなど10社以上のCMを抱えている。

両者共にあくまで友人同士ということであるが、週刊誌に掲載された内容から交際していた事実は否めず、悪いイメージが付いてしまったと思われるので、今後の芸能活動に影響が出る可能性がある。

元モーニング娘の矢口さんのときは不倫報道から芸能活動を停止し、現在は活動を再開してはいるが、以前のような活躍はあまり見らないし、イメージも良いとは言えない。

ベッキーさんといえば、芸能人の好感度ランキングで一位になったこともあるので、今回の報道は相当マイナスになる可能性がある。

ベッキーさんが芸能界で生き残るためにはどうすればよいのか…?

アイデアを考えてみた。

①. 質問ありの記者会見を開いてなんでも正直にぶっちゃける

先月に 記者会見をしたが質問なしで友人関係を貫いた。

上から指示された?or好感度のためにしょうがないと思われたが、あえて「好きになったから仕方がない」、「最初は結婚していることを知らなかった」、などベッキー自信が思っている本音を言うことで、「この人は嘘を言わない人なんだ!」とできるだけ好感度維持を狙う。

②. 別に…を繰り返して好感度を下げる

沢尻エリカさんが好感度を下げた時、映画記者会見で質問に対して「別に…」と発言して好感度を下げた。

好感度の良いベッキーさんが闇落ちぐらいまで「別に…」、「笑顔なんてクソ食らえ!」的な発言を繰り返し、今まで正反対の態度を取って思いっきり嫌われて好感度を下げるところまで下げてみる。

ポイントは芸能界を矢口さんのときのように芸能活動を一時休業しないでできるだけ出演し続けること。

そうすれば、今までとは対極の注目されて新たなキャラクターという生き続けることができそうだが…。CMなどの打ち切りは必須だし、周りから嫌われてしまうので、良い案とは言えないだろう。

③. ベッキーという芸名を改名する

開き直って、ベッキーという芸名を改名してみる。できるだけへんな名前に!

そしてキャラも変えて、不倫報道がなかったかのように芸能活動を行う。

 

今回の件で芸能人って大変だなぁ…って思ったのはプライベートのLINEが全国の人に週刊誌を通して公開されてしまうんだ…と思ったことだ。これは可愛そうだし、もし自分だったら耐えられないと思う。。不倫は悪いことではあるが、ベッキーさんにはなんとかこの困難を乗り越えて今までと同じポジティブに頑張って欲しいというのが個人的な意見です。

スポンサーリンク