ファミマカフェでやってしまった失敗から新商品のアイデア

-shared-img-thumb-C789_kakuzatoutocofeesan_TP_V
スポンサーリンク

コンビニコーヒーをご存じだろうか?

コンビニコーヒーとは、コンビニの中で機械を使ってとれたてのコーヒーをそのまま飲めるのが売りて、味は安くて美味しくて、2013年にはヒット人気商品1位になった。その勢いは2014年からずっと続いており、今ではヒット商品の代表格となった。

大手のセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなど、各コンビニごと試行錯誤してコーヒー競争しているのが、現在も続いている。

そんな中、ファミマカフェで致命的な失敗をしてしまった!

アイスカフェラテが飲みたくなったので、買いに行った。

ファミマでの買い方は

① 冷凍後で氷入りの専用カップをレジで買う

② 専用カップを機械のところまで持って行く

③ 機械で購入したメニューのボタンを押す

④ 押したボタンの点滅が終わってカップに注がれたのを確認する

⑤ 機械の近くにあるストローとカップ取ってセットする

⑥ 持ち帰る

で簡単に購入することができる。

購入した後、外へ出て家に持ち帰って飲むことにしたのだが、部屋に着いて飲もうとしたときに驚愕した。

「あれ?アイスカフェラテなのに真っ白?!(゜o゜)」

機械にコーヒーをセットしていなかったのか、それともドリップ中に取って持ち帰ってしまったのか、覚えていないのだが、明らかに真っ白でコーヒーが全く入っていないのだ。

とりあえず、飲んでみたのだが…

「ミルクうめぇ\(^o^)/」

ミルクの味にしかしないんですよ!当然ながら(笑)

まるで牛乳を飲んでいるような感覚(*^_^*)

しょうがないのでなんとか飲みきったが、本当に飲みたかったのは、コーヒーとミルク、苦みと甘みのバランスが絶妙なファミマのアイスカフェラテが飲みたかった(>_<)

今回の失敗で学んだことは

「よく見てみろ!カフェラテは真っ白じゃないぞ(^o^)丿」

ということ!

・・・失敗は成功の元と言うし、今回はこの失敗から限定した新しいコンビニコーヒーのアイデアを勝手に考えてみた。

① 小袋で味をカスタマイズできるカフェ○○ラテを発売

コンビニコーヒーはいろんな種類が出ているが、今回のことをヒントに・・・、機械では、カップには真っ白のミルクを注ぐのみにして、弁当に付いている醤油の小袋のようなものを別途、レジで販売する。その小袋は、イチゴ味、レモン味、抹茶味など、40種類ぐらい豊富な味を用意して販売し、味を自由に選べるようにする。液体でも粉末でもどちらでも良いが、給食のときにあったミルメークのようなイメージ。

② コンビニ牛乳を発売

コンビニコーヒーではなく、コンビニ牛乳を発売。

「美味しい牛乳って何?」って言われたら、イメージできないし、牛乳が流行った記憶はない。

牛乳は「身長伸びる」「カルシウムが多い」「ニンニクの臭いを消してくれる」など、イメージも良いので、ここに来てコンビニ牛乳を販売して売り出す。コンビニごとのブランド牛もありかも?

③ 見た目は白いブラックコーヒーを発売

見た目は白いが匂いを嗅いでみるとブラックコーヒー。飲んでみてもブラックコーヒー。

糖質0、ミルク0の不思議なブラックコーヒーを開発して売り出してみる。

白だからなんだってことだけど、不思議な感覚でヒットする?

とりあえず、今度こそはちゃんとしたアイスカフェラテを飲まなければ!!

スポンサーリンク