信長協奏曲の劇場版のネタバレ予想

-shared-img-thumb-OOK85_neginitouryuu_TP_V
スポンサーリンク

テレビで小栗旬さん主演のドラマ「信長協奏曲」の総集編がやっていたので、なんだろうと思っていたら、今日は映画の公開日らしい。

このドラマは、小栗さん演じる高校生が戦国時代にタイムスリップして、織田信長になって、なんやかんやある話なのだが…。

「高校生ってヾ(–;)小栗さん、33歳やで!」

※2016年1月23日現在

ちなみに信長協奏曲というのは、「のぶながノブナガコンツェルト」と読む。私は、「のぶながきょうそうきょく」だと勘違いしてた。。恥ずかし(〃゚д゚〃)

ドラマは一応、第1話から最終話まで見たのだが、最終話が中途半端なところで終わっていたので、2期でもやるのかな?と思っていたのだが、映画として完結させることになっていたとは!見に行きたいところだけど、とりあえず、何かのアイデアのネタになるかもしれないので、結末のネタバレを自分なりに勝手に予想してみた。

① 現在の時代に高校生として戻る?

ド定番中のド定番だが、最後は現在の時代に戻ることができる。

信長として亡くなったところで目が覚めて、

「あれ、夢だったのかな?」

と思っていると、帰蝶(柴崎コウさん演じるヒロイン)から貰った思い出の品を身に着けていて、

「ありがとう。帰蝶」

とつぶやいて、完。

② 現在の時代で総理大臣になっている?

信長として亡くなって、現在から40年後として次のシーンに切り替わり、初老で総理大臣になった小栗さんが登場する。そしてなぜか隣には夫人として柴崎コウさん演じる帰蝶の姿が?

③ 実は信長のクローンだった?

戦国時代では、信長と顔が瓜二つだったことがきっかけで高校生の三郎(小栗さん)は信長と間違えられることになった。

実は、小栗さんはもっと未来の科学技術で信長のDNAから作られたクローンで何者かによって過去に送り込まれていた。

それが物語の終盤で明らかになり、舞台は戦国時代から今度は未来にタイムスリップして新たなストーリーが始まる?

④ 現在の時代には戻って来れない?

現在の時代には戻って来れないが、最後に教科書の信長の顔が小栗旬さんに変わっている?

同級生の高校生たちが

「信長の顔ってあいつに似てね?」

「そういえば似てるような・・・」

「そんなわけないじゃーん(^-^)」

的な終わり方。

⑤ 無限ループして信長を繰り返す?

信長として亡くなったと思って目が覚めたら、また戦国時代に来たときの時間と場所に戻っていた。記憶は残っているので、

「また繰り返すの~~<(`^´)>」

と小栗さんが大空に向かって叫んだところで終わる。

⑥ 秀吉に勝利してしまう?

本当なら信長は秀吉に敗れて天下交代のはずだが、小栗さんが信長になったことで、時代が変わってしまう?

時代が変わったことで、どういうストーリーになるのか?俺たちの戦いはこれからだ!パターンで終わる。

 

個人的には、②の総理大臣パターンの終わり方が好きかも。。

このドラマを見て思っていたのは、たかが普通の高校生が戦国時代で織田信長という設定だったとしても、めちゃくちゃな指示出したり、いろいろやりすぎ(笑)あれだけのリーダーシップがあれば現代の世界では総理大臣レベル、いや、それ以上の人間になれるだろう。

 

漫画の原作は読んでないので、最後の結末が分からない(>_<)

知りたいので機会があったら劇場に観に行こうー(^o^)丿

スポンサーリンク