マクドナルドの名前募集バーガー決定&考察

-shared-img-thumb-150404067582_TP_V
スポンサーリンク

名前募集バーガーの結果発表

北海道産ほくほくポテトとチェダーチーズに焦がし醤油風味の特製オニオンソースが効いたジューシービーフバーガー(仮称)という名前が長すぎるということで、マクドナルドから一般募集されていたが、ついに名前が確定したらしい。

その名は…

北のいいとこ牛(ぎゅ)っとバーガーに決定しました\(^o^)/

グランプリには、10年分のハンバーガーに相当する賞金をプレゼントなので羨ましいところである。

ちなみに総応募数はおよそ500万件あったらしい。すんげー\(^o^)/

事前の予想と比較

事前に予想していたように、全部推すことができるキーワードが決めてになって今回の名称に決定したような気がする。

北のいいとこというキーワードは、「北海道」という地域と具材である「ポテト」、「チーズ」、「醤油風味」、「オニオン」の具材を取り込んでいる。そして最後にこのバーガーの核となるを持ってくることで、メインの牛をすべての具材を上手くまとめているので、これは…お見事!!というしかない。

凄いのは具材だけではない

この名称で注目すべき点は、「牛っと」だ。

恐らくこれが決めてというか、これがすべてだろう。

確かに事前に予想していた具材をすべて取りこむというのは大事だった。

それともう一つ大事なことは、ダジャレだ!!

この牛(ぎゅ)っとは、

  • 牛肉
  • ぎゅっと = 詰め込む

2つの全く別の意味を持っている。

これこそがダジャレなのだが、いつもこういった名前募集の企画があるときは、ダジャレが通ることが多い。

だから名称募集系は、意味のあるダジャレを入れることがコツになる。

総括すると、今回の場合は、

①. 名称が長い具材を短いキーワードにする

②. メインとなる具材の牛肉を推す

③. ダジャレを入れる

の3つが重要な要素であったと思われます。

次回募集があったとき、この3つを取り込んだ名称にすれば通りやすいかも?

スポンサーリンク