HUNTER×HUNTER連載再開!理想の王道ストーリーを考案

-shared-img-thumb-PAK75_syagekiwotanoshimukodomo20140831_TP_V
スポンサーリンク

HUNTER×HUNTER 連載再開へ?

ヤフーニュースを見ていたら、朗報のニュースが飛び込んできた。

冨樫義博「HUNTER×HUNTER」の連載再開が、少年ジャンプ+の特設ページにて発表された。(コミックナタリー)

「おおー、(゚∇゚ ;)エッ!?マジっすか!!!」

ついにハンターハンターがジャンプに帰って来た!!

とはいえ、ジャンプはもともと読んでないので、ハンターハンターがどこまでストーリーが進んでいるのかは分かりません。原作も読んでいませんが、アニメではキメラアント編までばっちり全部見ました。

アニメ版の最後では、クラピカが何年かぶりに登場して「新章突入か?」となっていたので、何らかの形でクラピカが今後のストーリーに関わってくるものだと予想しています。

原作はどうなっているのか分からないですが、暗黒大陸編をベースにして、自分好みの理想のストーリーを考えてみました。

暗黒大陸編を自分好みのストーリにしてみると…

  1. ゴンとキルアは新世界の暗黒大陸へ突入する。

  2. 新世界は、各種念能力(強化系、放出系、操作系、具現化系、変化系)を200%以上極めた最強の新世界の5人と呼ばれる人間が支配していた。

  3. ゴンは強化系、キルアは変化系を200%極めた能力者と1vs1のタイマンでそれぞれ対戦をするが、フルボッコにされる。

  4. 亡くなる間際で、クラピカとレオリオに2人は助けられる。

  5. クラピカとレオリオは幻影旅団を追って新世界へ来ていた。

  6. 一方、そのころ、幻影旅団も新世界へ来ていたが、新世界の5人に団長以外のメンバーは全員戦って消されてしまう。

  7.  団長は未来予知能力の通りの方角へ進み、念能力の復活と新世界の5人からそれぞれの能力を盗む方法を見つけて、最強の念能力を盗むことに成功する。

  8. 新世界の5人からそれぞれの念能力を手にいれて最強となった団長vsゴン、キルア、クラピカ、レオリオの戦いが今始まる…

ちょっと王道過ぎたかな……?

だけど、ハンターハンターは、ゴン、キルア、クラピカ、レオリオの4人が主体で動くストーリーが面白いと思う。

ハンターハンターは今までに以下のストーリーがあった。

  • ハンター試験編
  • キルア奪還編
  • 天空競技場編
  • ヨークシンシティー編
  • グリードアイランド編
  • キメラアント編
  • アルカ編
  • 暗黒大陸編

これだけ多いのだが、4人で行動を共にしたのはキルア奪還編まで…。

あとは、主人公のゴンとキルアの2人は行動を一緒にしていたけど、4人はバラバラだった。

それがハンターハンターの面白さの秘訣でもあると思う。

普通の漫画なら主要なキャラクターは最初から最後まで一緒でラスボスを倒すという展開だけど、ハンターハンターはそうではなく、途中でバラバラになって登場人物として一切出てこなくなるのだから、久しぶりにクラピカやレオリオが登場すると懐かしいし、ワクワク感がある。

それに、4人にはハンター試験から培った仲間の絆がある。

だから、ここで今一度、4人が集結して、初期のハンター試験のような4人で協力して敵と戦うという構図が作れれば、王道ではあるが凄く盛り上がると思う。

とにかくハンターハンター復活だ!!

作者の冨樫義博さんは天才だと思う。

私の考えた王道ストーリーなんて遙かに凌駕して、常人の人では考えられないようなストーリー展開を考えて、毎回楽しませてくれる。

特に、キメラアント編をリアルタイムのアニメで見ていたとき、最初から最後まで実によく考えられたプロットで構成されたストーリーだと感服したものです。

今回は、ご事情に寄り、長期休載していた冨樫義博さんが復活?ということでハンターハンターの連載が再開されることはほぼ確定だと思いますので、樫義博さんの考えたハンターハンターの世界、いちファンとして楽しみにしてます!
漫画を買うなら漫画全巻ドットコム!

スポンサーリンク