腹話術アイドルというアイデア考案

bsNS525_ichimatuningyou
スポンサーリンク

腹話術アイドルとは?

サーチサイトで「腹話術アイドル」と入力して検索してみると、AKB48の小笠原茉由がヒットしました。

小笠原茉由とは?

R-1ぐらんぷり2012に出場して3回戦まで進んだアイドルだった。

こりゃー凄えーよ!お笑い芸人でもないAKB48のアイドルが本業でお笑いをやっている人たちを押しのけて3回戦まで進んでのは本当に凄い!

よくよく調べてみると、R-1グランプリだけではなく、キングオブコント2012に岸野里香とともに「カルビ&ロース」のコンビを組み出場もしている。

今まで存じていなかったのだけど、アイドルなのに面白いお笑い枠の人なのかな?

小笠原茉由+腹話術=アイドル

小笠原茉由で検索してヒットしたYouTubeの動画「まーちゅんチャンネル」で見たんだけど、ゲストに腹話術師を交えて、やり方について学んでいた。

お笑いもできて腹話術もできるとか万能すぎる…。

万能すぎるが、腹話術師に学んでいただけで、小笠原茉由は腹話術を売りにしているアイドルではない。

bsppc_hurubitapierononingyou

自分の考えた腹話術アイドルとは?

本題に戻すと、腹話術師アイドルという新しいアイデアを思いついたのでメモっておくことにする。

まず、腹話術アイドルというのは、小笠原茉由のように腹話術ができるアイドルのことではない。

腹話術を操る人と操られる人の2人のアイドルユニットである。

腹話術というのは、操る人間は口を開けないで、操られる人形がさも、しゃべっているようにみせる技術のことであるが、それを二人組のユニットアイドルでやる。しかも、人形を使わないで、2人の人間が両方やる。

例えば、分かりやすい例で、元モーニング娘の矢口真理と後藤真希の2人がいます。

  • 操る人…後藤真希
  • 操られる人…矢口真理

と仮定します。

このときに、矢口真理は操られる人なので、口をあけることしかできません。声を絶対に発してはいけません。

逆に後藤真希は、操る人なので、口をあけて声を発することはできますが、矢口真理の口が開くのに合わせて話すということをしなければいけません。後藤真希が単体で話すことはしてはいけません。

上記の腹話術師アイドルとしての制約は、出演した音楽番組でも絶対に守らなくてはいけません。あくまで、二人で腹話術師と腹話術人形の役を演じること、それが考えた腹話術アイドルという発想です。

-shared-img-thumb-DI_IMG_5780_TP_V

こんなことをして何の意味があるの?

意味はありません(笑)

意味がないというよりは、既存のアイドルと差別化を図るための突飛したアイデアを考えたかっただけです。

ただ、この腹話術師アイドルにはメリットがあります。

一つ目は、お笑いの要素です。

仮定した矢口真理と後藤真希の組み合わせですが、後藤真希が矢口真理の口が動くのに合わせて口を閉じたままで話すので、後藤真希がどんな発言をしてもそれは矢口真理がしゃべっている体にできます。例えば、お笑い芸人のダウンタウンと絡んだときでもめちゃくちゃな発言を後藤真希が矢口真理が話した体でバンバン言いたいことを言えますので、笑いに繋がる可能性が高いです。

キングオブコントのようなコントもできますので、お笑いも目指したいアイドルにはおすすめの形態だといえます。

二つ目は、話題性です。

このような、腹話術師アイドルという特殊なことをやっている2人組みのアイドルは存在しません。存在しないということは、印象に残りやすいです。また、新しいものということで話題性はあると思えます。

そして操られる人は単独でしゃべってはいけないというルールがあるので、

「操られる方の人の声はどんな声をしているんだろう?」

と気になる人が必ず出てくるので、声をめぐって話題になる可能性が非常に高いです。

まとめ

近年、さまざまアイドルが誕生してきました。正統派もいれば、鉄道オタクアイドルのような変わったアイドルも存在します。

そういった存在しない新しい層、枠であったり、新しい誰も思いつかなかったアイドルが今後は話題になっていくのではないかと推測します。

腹話術師アイドルは既存に存在しないので、話題にはなる可能性を秘めているかもしれませんが、二人いるのに一人しか話すことができないという致命的な制約があるので、実際に試みてみるのは難しいかもしれません。

今は思いつかないですが、今後また新しいアイドルの発想が思いついたら記載していきたいと思う。

スポンサーリンク