【アニメ】坂本ですが?の最終回を予想!

-shared-img-thumb-PPP_cyairoihushinomegane_TP_V
スポンサーリンク

坂本ですが?の坂本とは何者?

坂本という名前のメガネをかけた美青年キャラクターが主人公が活躍する学園アニメです。

アニメを見た感じ、坂本というキャラクターは隙がない最強キャラです。

  • 机と椅子をいじめっ子に外に出されても、窓の淵に座って、華麗に授業を進めようとする
  • トイレの中に入っているときに、外からいじめっ子に水をかけられても、中でビニール傘をさしていて全然濡れなかった
  • 部屋の中にいじめっ子に閉じ込められて、偶然火事で危険な状態になっても下の階の職員室に気付かれるように足音を立て回避
  • 教室にスズメ蜂が侵入して教室中はパニックになっても坂本はコンパスで箸のように挟んで蜂を外に逃がしてあげる

どんなに危険な状態になっても坂本には隙がなく、華麗にカッコよく回避してしまうキャラクターなのです。

-shared-img-thumb-150425274663_TP_V

坂本ですが?の最終回予想!

原作は4巻で終了しているようですが、原作は読んだことがありませんので、結末を知りません。

原作の結末は必ずしもアニメとイコールになるわけではありませんので、こんな最終回になったら面白いんじゃないかな?程度に考えてみました。

① 世界を救う

第1話では、学校の中だけでトラブルが起きて、坂本が解決してしまう展開でした。

最終回では、学校の中だけではなく、世界を救うレベルのことを坂本はするのではないでしょうか?

例えば、

  • 隕石が地球に降っていることが分かって、坂本が何らかの方法を使って隕石を破壊する
  • 世界戦争が起きそうになって、坂本が仲裁に入って、戦争を回避する
  • 世界で不治の病が流行るが、坂本が華麗に病気を治してしまう

など、学校の中だけではなく、世界を救う規模のことを坂本がする可能性はあるかもしれません。

② オタキャラの妄想

坂本は完璧すぎます。

あまりに完璧すぎて、こんなキャラクター現実世界にはいないでしょ?と思います。

もしかして、本当に坂本というキャラクターは漫画の中でも存在していないのではないでしょうか?

考えられる可能性として、坂本というキャラクターは「メガネをかけた非モテブサメンのオタクの男子学生キャラクター」による妄想だったとか?

坂本は、女子からもモテますので、「俺もモテたい…俺が坂本みたいなキャラだったら」という願望から出た誇張された妄想キャラクターだったなら納得がいきます。

妄想だったということが最終回で発表されて、来週から「坂本ですが?ごめんなさい」という妄想していたメガネをかけた非モテブサメン主人公のアニメが放送されることになったら話題にはなるでしょう。

-shared-img-thumb-N189_meganewonaosuhakui_TP_V

まとめ

2016年は1月から腐女子の中でおそ松さんブームが起きました。

坂本ですが?の坂本も腐女子の中でブームになる要素を持っています。

それは「カッコいい」という点です。

おそ松さんはカッコいいよりカワイイ要素だと思いますが、坂本はカッコいいです。

なんでも完璧にこなしてしまう顔は美形で作中でも女子にモテます。

テニスの王子様の「手塚」、黒子のバスケの「緑間」、スラムダンクの「花形」のように、天才型でメガネをかけているという要素を坂本は持っていますので、好きな人にはモテるキャラクターと言っても良いでしょう。

坂本ですが?はアニメ版はまだ始まったばかりですし、原作はないオリジナル要素ももしかしたらあるかもしれませんので、今後の展開に期待しつつ、視聴していきたいと思います。

スポンサーリンク