舛添要一都知事が都知事失格の3つの理由と次期都知事候補理想の人物像を提案

-shared-img-thumb-freee151108039472_TP_V
スポンサーリンク

舛添要一都知事とは?

舛添要一(ますぞえ よういち)とは、日本の政治学者・タレント・第19代東京都知事。

参議院議員(2期、2001~2013年)、第8・9・10代厚生労働大臣、第2代新党改革代表などを歴任。

-shared-img-thumb-NKJ56_mankenmottekuchiwokakusu_TP_V

舛添要一都知事の失態

2016年に週刊文春報道により、政治資金を不正に使用してる疑いが複数あることが判明。

分かっているだけでも以下の通り。

① 家族旅行に流用

湯河原への家族旅行に37万円を使用した疑いがあります。

会議費用とのことですが、説明記者会見では参加者や参加人数を政治活動の機密性のため言えず…

本当に会議をしていたのか?疑問ですが、そもそも会議を旅行先でする必要があるでしょうか?

仮にしたとして、プライベートの家族旅行と会議を一緒にやってしまおうという発想自体が普通の常識では考えられない行為ですよね。

少なくとも普通の会社員ならありえません。

国民のお金である37万円も使って旅行先で遊びながら会議をやる必要はないはずです。

自分の事務所でやればお金はかからなかったはずですよね?

② 私的な飲食代に流用

分かっているだけでも以下の名目を流用した疑いがあります。

イタリアン料理

  • 約1万5千円

寿司

  • 約1万5千円

天ぷら

  • 約5万5千円

ホテル

  • 約23万円
  • 約13万円 … それぞれ年間利用

理髪店のカット代

  • 3500円

随分と羽振りがいいですね(-。-)y-゜゜゜

「ずるい、セコイ!」

後述に記載しますが、都知事の年収は一般会社員と比べて遙かに上です。

それなのに、なぜ、自分の給料ではなく、政治資金を使う必要があったのか?

理解に苦しみます…。

ちなみに一部は不正利用を認め、返金する予定らしいですが、これはもう…返金すれば良いという問題ではありません。

③ 美術品や文房具への流用

イタリア美術品

  • 178万円

諸外国から政治関係のお客さんを招いたときに美術品は必要なので、政治資金として正しい使い方をしているので、返金する予定はないらしいです。

「え?178万円も使うか?」

それだけあったら都知事として他にできたことがあっただろうに?

どうしても必要だったのか謎ですが、もし趣味で使っていたとしたら貰っていた多額の年収から払えば良かったのに(-。-)y-゜゜゜

-shared-img-thumb-YUKI_kodomookane15144623_TP_V

都知事の平均年収

  • 推定年収:2222.2万円
  • 推定月収:144.8万円
  • 平均給料月額:116.9万円
  • ボーナス:485.0万円
  • 任期:4年

なんと、年収2000万!月収140万!ですよ!

これだけ貰っていたのに、美容室のカット代3500円も自分のお金を使わないとか、ありえない。

一般会社員は年収300万円という額の中からヒイコラ暮らしているというのに、それだけ貰ってさらに自分の財布を使わないとか。歳も歳だしそんなにお金貯めてどうするの?何に使うんですか?

dislike-157252_640

都知事失格の3つの理由

① ケチ

都知事平均年収2000万円貰っていたのに、私的な飲食代や美容室のカット代も払わないというドケチ行為。

某番組のインタビューで同級生が「舛添要一は昔は貧困な生活をしていてケチだった」と発言されていましたが、国民のお金を自分のプライベートに使いたいように使われては同情の余地がありません。

なぜなら一般の人たちは汗水流して働いた自分の給料の中から払っているのですから。

② 嘘と言い訳

政治資金の私的流用で国民への説明ということで記者会見を開きましたが、言っていることが嘘と言い訳だらけ

特に家族旅行で会議を行っていたということについて、政治的な秘密事項により、会議の内容や参加人数さえもいえないというのは、嘘としかいいようがありません。本当だとしても問題がありますが、記者会見では常に都合の悪いことになると「記憶にございません」や「精査します」も繰り返す始末。

こんな人に都知事を任せられるはずがありません。

③ 大ブーメラン

過去に政治と金の問題について、自分で他の政治家を批判していたにも関わらず、今回明らかになった政治資金問題が真実ならば、自分で同じことをやっていたということになるのですが、まさに大ブーメランです。

これは恥ずかしい!を通り越してあきれるしかありません。

-shared-img-thumb-PAK150808351560_TP_V

次期都東京知事候補理想の人物像の提案

恐らく舛添要一都知事は辞任に追い込まれることでしょう。次期都知事理想の人物像を考えてみました。

① お金に執着のない人

政治と金の問題にならない人が良いと思います。できれば生涯お金を稼がなくても生きていけるような人です。

そういう人ならお金をケチる必要がないので、政治資金を私的流用しないはずです。

なんなら年収要らないので、東京の為に使ってくださいぐらいの器の大きい人がいいかもしれません。

② 日本が東京が好きな人

きっと、舛添要一都知事は日本のことを愛していなかったのしょう。

調査したところ、都知事として何かしたという実績があまりないようで…、唯一したのが、韓国学校を作ったとか?

作るのはいいですが、日本の為に何をやったのか?疑問が残ります。

他の国のことを心配する前に東京が好きで東京の為に何かできる人が良さそうです。

③ 悪いことをしない人

舛添要一都知事は調べれば調べるほど、悪い噂しかでてきません。もっとクリーンな人が都知事をやれば良いと思います。

例えば、長年芸能界で生きていてこれといって悪い噂がないような明石家さんまさんやダウンタウンの松本人志さんとか?お笑い芸人なので絶対にやらないと思いますが、長年芸能界にいてこの人なら絶対大丈夫という人に任せるしかないような気がします。

結局選挙しても、国民はその人の実態が分からないので、都知事になった後に裏で政治資金を流用する人が出てくることは避けられませんので…。

-shared-img-thumb-0I9A356715032124yuuki2_TP_V

まとめ

今回の舛添要一都知事の政治資金流用問題を聞いて、本当にセコイ!と思いました。

なぜ都知事として多額の収入があるのも関わらずプライベートなことに自分のお金を使わないのか?そして、嘘をくり返すのか?人間として問題があるとしか考えられません。

次の都知事は誰になるか分からないですが、もう変な人にはなって欲しくないですね(笑)というのが個人的な意見です。

スポンサーリンク