ケンタッキーのCMの滑舌が悪い【滑舌悪い芸人・諸見里大介の利用法を考察】

-shared-img-thumb-PAK86_ryoumimidekikikaesudansei20140713_TP_V
スポンサーリンク

ケンタッキーのCMが…

ケンタッキーフライドチキンから2016年5月12日から「プレミアムチキンフィレサンド」が発売されました。そのCMにお笑い芸人(ハム)の諸見里大介さん(33歳)が起用されているのですが、インターネットでそれが話題になっています。

諸見里大介さんといえば、雨トークにも出演されている滑舌悪い芸人として有名の方です。

案の定、CMでは滑舌が悪すぎて何をしゃべっているのか分からない状態になっています。

「プレミアムチキンフィレサンド」という商品名にもかかわらず、諸見里さんがCMで紹介している商品名は「ぷぇむゃちきふぃれしゃんど」としか聞こえません\(^o^)/

ネットでは賛否両論

「面白い」という意見

「つまらない」という意見

個人的には面白い!

諸見里大介さんが滑舌が悪いということを認識していながら、あえて起用したケンタッキーは面白いアイデアであると感じました。個人的には面白くてツボに入って笑ってしまいました。

これだけ面白いのだから、諸見里さんを他のメディアにも起用したら面白いかもしれません。

例えば、「ドラマ」や「音楽」や「声優」です。

① ドラマ

月9のような毎週はきついと思いますが、1話完結のスペシャル番組のようなドラマに主演で起用して終始何を言っているかわからないような登場人物を演じれば話題になると思います。視聴率は悪そうですが(笑)、過去に放送された「ふなっしー探偵」のようなノリでやれば良いと思います。

② 音楽

過去に同じお笑い芸人が発売したノリで、諸見里さんが滑舌が悪くて何を言っているのか分からないようなCDを発売すると話題にはなりますので、面白さで買う人は現れるかもしれません。現代では、CDというより音楽配信でも良いかもしれませんね。あえて、歌詞カードを付けないで、発売してから1カ月後ぐらいにネットで公開という新しいシステムを取ってみるのも面白いかもしれません。クイズにして、一字一句間違わずに正解した人には景品をプレゼントする、なども面白いかもしれません。

考え方によっては、曲に合わせて歌うのではなく、普通に漫談というか、しゃべっているだけのCDとして発売するのもありかも?トレンドになれば、通勤通学中に、諸見里さんのしゃべりと聞く!というわけのわからないブームが流行るかもしれません。

③ 声優

アニメの声優として滑舌の悪いアニメのキャラクターとして、諸見里さんを起用すると面白いかもしれません。

まとめ

ケンタッキーのCMは賛否両論ありますが、話題になっていることは事実で、トレンドならCMの存在を知って、ケンタッキーの新商品である「プレミアムチキンフィレサンド」を食べてみたい!という購入者意識を高めていると思われますので、結果としてCMは成功といっても良いのではないでしょうか?

私的な考えですが、諸見里さんには滑舌を改善しないで悪いままでいて欲しいですね(笑)これを機に滑舌が悪いことを長所として、これからいろんなメディアで活躍して欲しい!と思いました。

スポンサーリンク