【考察】火の粉 最終回で残された謎と個人的に考えた理想のハッピーエンド

AMI88_ba-mukuhenuma-_TP_V
スポンサーリンク

ついに火の粉が終わってしまった…(>_<)

オトナの土ドラの第1弾として、毎週楽しませてくれた火の粉がついに最終回を迎えました。

個人的には、サスペンスホラーとしてユースケサンタマリアさん演じる武内に毎週ビクビクしながら土曜の深夜観てました。

恐かったけど…、2016年春ドラマの中では、正直一番楽しみにしていた作品だったので、寂しい気持ちもありますが、今は視聴出来て良かったー\(^o^)/という満足感にあふれています。

-shared-img-thumb-0I9A360615032159naisyo2_TP_V

火の粉 最終回の結末(※ネタバレ注意)

ドラマの気になる最終回のネタバレですが、簡潔に述べると以下の通り。

  1. 武内はすべての罪を認めた上で、梶間家で最後に食事会をしたいとお願いして、梶間家の家族は承諾する
  2. 武内はすべてを終わらせようと、毒入りのバームクーヘンを食事会に持って行こうとするが、なぜか直前で辞めてしまう
  3. 梶間一家と武内はお互いに毒が入っているか?入っていないか?を探り探りの食事会するが、結局、毒は入っていなくて食事会は無事に終了する
  4. 最後の晩餐の後、武内は自宅へ帰り、自分で作った毒入りのバームクーヘンを自らむさぼり食べる
  5. 翌日、梶間一家が武内の家を訪れると、武内が自宅のソファーで深い眠りについているのを見守っている場面でドラマは終わる

武内は自ら命を絶つという決断をドラマの中ではしたようですが、原作ではどうだったのでしょうか?

お気に召しましたか?

ドラマの最期の場面では、武内の最期の場面で終わるのだが、武内さんから最後のコメントと称し、生きていた頃の武内が3秒ほど、「お気に召しましたか?」と視聴者に語るような描写で終わります。……正直、私はお気に召さない部分があります。それは、最終回は迎えましたが、数々の謎が残っているからです。

ドラマ版・火の粉の謎は以下の通りです。

japanese-1206509_640

火の粉で残された3つの謎

① 弁護士や失踪した会社の社長はどこへ?

武内が消したと思われる弁護士たちは、梶間一家のために「武内が消した」と告白されていましたが、いったいどこへ隠したのでしょうか?そもそも、ドラマの中で武内が直接消した描写はありませんでしたが、本当に武内が手を下したのでしょうか?

もし、武内に手によって消されたとするならば一体どこへ隠したのか?

② 無罪になった過去の事件は本当に武内がやった?

武内は自分でやったと無罪になった過去の事件について告白されていました。裁判で無罪になった理由として、背中に無数の傷口があってそれも無罪になるために「自分で傷つけた」とドラマの中で告白されていましたが、本当に武内が自分でやったのでしょうか?

ドラマの中では、武内が手を下した描写がなかったので、信じられません。……もしかしたら、心のどこかで

  • 武内さんはそんな悪いことしない
  • 本当は武内さんとは別の人が犯人だった
  • 武内さんは梶間一家を守るために何らかの理由(新犯人の脅迫など)で自分が事件を起こしたという虚言をしていた

…と、武内さんのことを私は信じていたのかも。。

③ なぜ、雪見はバームクーヘンを食べることができたのか?

これが一番の謎…、というかドラマを見ていてどうしても納得できない点です。

最後の食事会で武内が用意したバーククーヘンには、結果的に毒は入っていませんでしたが、食べる直前まで梶間一家から観たら、入っている可能性の方が高かったはずです。

それなのに、「なぜ、雪見(優香)は武内の前で平然と食べることができたのか?」

どうしてもその理由が分かりません。どんなに武内のことを信頼できたとしても、ドラマの中では犯罪者です。消される可能性の方が高かったのに、自分の命がかかっている場面でどうして食べることができたのか?別にリスクを冒す必要はないので、食べなくても良かったはずですし。

「雪見(優香)、勇気ありすぎ(((( ;゚Д゚))) ガクガクブルブル」

としか言えません…。いくら武内のことを最後の信頼することができたとしても、1%でも消される可能性があるあの場面で自分だったら、「絶対に食べる勇気ないわー」と思いました。

みなさんはあの場面で武内さんを目の前にバームクーヘンを食べる勇気ありますか?(笑)

boy-1300136_640

個人的に考えた理想の結末

武内は、自ら罪を認めていましたが、ドラマの中で行ってきたと思われる罪はすべて武内でなければ良かったなー、と個人的に思いました。というのも、ドラマの途中までは、武内は良い人なのか?悪い人なのか?分からない展開でした。

その理由は、過去に無罪判決を受けた事件でも、犯罪を行った描写がドラマの中ではされなかったからです。そもそも裁判では無罪ですし、有罪となる証拠もなかったので、武内は無罪でもおかしくありませんでした。

ということで、最終回まで武内が悪い奴かも?と思わせといて、『本当は犯罪は絶対に起こさない実はめっちゃイイ奴だった!』という展開でも良かったのではないかな?と思いました。

唯一、琴音(木南晴夏)さんの旦那さんを「アディオース」と消した描写があったので、悪い奴だった証拠?が残ってしまったので、それは無いとは思いましたが、……だったら旦那さんのときの描写もしないで、最終回で視聴者をビックリさせる「今までの犯罪も武内ではなかった!過去に無罪になった事件も本当に無罪だった」…そして、最後は場面は、武内以外の登場人物が「実は僕が犯人だったのよ ( ̄ー+ ̄)ニヤリ」というオチだったら、伝説になっていたかも!と個人的に思ってしまいました<(_ _)>

もしくは、最後の食事会で梶間家は武内のスープに毒ではない激辛スープを入れて、武内をビックリさせて談笑していましたが、実は武内もバームクーヘンに激辛の成分を入れてて、

「実は僕も同じこと考えていたんです 。辛いでしょ( ̄ー+ ̄)ニヤリ」

と皆で談笑しながらそのまま終わってしまう\(^o^)/というまさかのハッピーエンドでも良かったかなーと。

-shared-img-thumb-PAK85_sumibiyakiami20141015191056_TP_V

まとめ

火の粉のドラマは、本当に楽しむことができましたので、視聴して良かったー\(^o^)/と心から思っています。

理想の結末も考えましたが、ドラマのバッドエンドの結末でも十分満足しています。面白かったー!

原作を読んでいないですが、どうやら結末が違う?ようです。なんだかんだドラマ版は犯罪は犯してしまいましたが、犯罪を犯すこと以外は良い奴でした。でも、原作ではどうやら良い奴ではなさそう??

火の粉 (幻冬舎文庫)

火の粉は終わってしまいましたが、同じ時間帯に放送されるオトナの土ドラ第2弾「朝が来る」の放送も確定しておりますので、楽しみにしたいと思います。

スポンサーリンク