【2016年夏ドラマ】希望ヶ丘の人びとを観る前に知っておきたいポイントと展開を予想

MIYA87_DSC_3380_TP_V
スポンサーリンク

テレビ局

  • フジテレビ

放送時間

  • 毎週土曜 22:00

出演者

  • 沢村一樹
  • 和久井映見
  • 桜田ひより
  • 二宮慶多
  • 伊藤かずえ
  • 六角精児

原作


希望ヶ丘の人びと

あらすじ

東京都内に住む沢村一樹演じる田島は、和久井映見演じる妻の圭子とこの春で中学2年生の娘、小学3年生になる息子とともに幸せな日々を送っていました。しかしある日、圭子の体に末期がんが見つかってしまい、わずか3カ月でこの世を去ってしまいます。妻を失なったことで、心にぽっかり穴があいてしまった田島家は、これまでと変わらない日常を過ごそうと無理して笑顔を作っていましたが、「忘れることができない」と気付きます。

そこで、家族は圭子が育った町である「希望ヶ丘」に行き、圭子の思い出をたどって生きていこうと子どもたちに提案すします。田島はそこで偶然にも圭子の同級生である伊藤かずえ演じる藤村香織に会い、今は空き家となっている圭子の旧家にて「ここに住まないか?」と家族に提案します。子供たちも賛同して田島家は希望ヶ丘での新生活を始めるのだが…。

視聴するポイント

このドラマの観るべきポイントは、「とんび」「流星ワゴン」などで有名なヒューマンドラマ小説の名手・重松清さんの作品であるという点です。

加えてドラマは、岡田惠和脚本×深川栄洋監督の最強タッグが手掛けてします。

つまり『感動できる作品』であることです。

刑事もののようなダークな作品ではなく、ビューマンドラマが観たい人にはおすすめの作品です。

展開予想

亡くなった母親が住んでいた希望の丘でどのような新生活を家族が始めることになるのか?展開が気になります。

希望の丘で平和に暮らしているだけの話だとドラマとしては成立しないので、家族が知らなかった衝撃の事実が明らかになったりなど、予想外の展開になる可能性もありますが、基本的には事件が起きたり、誰かが亡くなったりするような展開にはならないと思われます。

基本的には、タイトルの通り、希望の丘の人たちと平和に暮らしていくようなほのぼのとして内容になるのではないでしょうか?間違っても火の粉のようなとんでもないサスペンスな展開にはならないでしょう。

視聴率予想

土10ということですが、視聴率的にはどうでしょうか?ヒューマンドラマということで好き嫌いが分かれる作品であるという点と、母親が逝去したことで、母親の故郷に引っ越すというありきたりでもあるストーリーから視聴率はそこまで高いものにはならないと思います。

基本的には1桁台?いっても10%ぐらいになると予想します。

2016年7月スタート夏ドラマ一覧まとめへ

スポンサーリンク