【2016年夏ドラマ】HOPE~期待ゼロの新入社員~を観る前に知っておきたいポイント3つと展開を予想

OY1151013300746_TP_V
スポンサーリンク

テレビ局

  • フジテレビ

放送時間

  • 毎週日曜 21:00

出演者

  • 中島裕翔(Hey!Say!JUMP)
  • 山本美月

原作


ミセン -未生- DVD-BOX1

あらすじ

中島裕翔さん演じる一ノ瀬歩(いちのせ・あゆむ)は幼い頃に囲碁に出会い、日本棋院の院生となり、プロ棋士を夢見て、囲碁一筋で生きてきました。
しかし、高校生のときに父親が病気で他界してしまいます。母子家庭となり、苦しくなった家計を支えるため、一ノ瀬は高校を卒業したら働きに出ようとします。高校卒業後は大学への進学をしないで、アルバイトをしながらのプロ棋士を目指すことにしたのですが、あと少しのところで試験に落ち続けてしまいます。

日本のプロ棋士採用試験には23歳未満の人しか受けられません。年齢制限のため、22歳になった一ノ瀬は、これが最後のチャンスと試験に臨むことを決意したのですが、プロ棋士採用試験前日の夜、母親が過労で倒れ、病院に緊急搬送される事態が起こり、一ノ瀬も試験に落ちてしまうことになってしまいます。

囲碁のプロ棋士になる道が完全に閉ざされてしまった一ノ瀬をみた母親は、知人に頼んで総合商社で最終段階をむかえている採用試験に受けるように勧めます。

試験内容は1ヶ月間研修生として働き、その働き次第で合否を決めるというもの。

同期からコネと言われたり、苦悩しながらも囲碁を失った自分には、この仕事しかないと決意を新たに頑張ることを決めた一ノ瀬だったが…。

視聴する3つのポイント

① 働く人の成長を描く作品

ドラマのキャッチフレーズは「たかが仕事に私たちは、どうして人生をかけるのか?」です。

この日本の中では、仕事をしないと生きていけません。(※生活保護を除く)

つまり、仕事が人生の大半を占めている重要な一部といってもよいでしょう。

このドラマでは、仕事とは何なのか?を問う内容になっておりますので、「何のために仕事をやっているんだろう?」「仕事なんてやりたくない」と思っている人が、もう一度仕事について考え直すきっかけになる作品になるのではないだろうか?

これから就職を控えている人にとっても参考になるドラマなのではないか?と思います。

② コネ

コネとは、利益を見込めたり、組織との親しい関係のことを指します。

ドラマの主人公は、囲碁棋士になるのを断念し、母親からのコネによって、大手商社の最終試験までパスするコネっぷりです。これだけ聞いたら、個人的には、物凄く嫌いな展開なのですが、実際にコネで入社したことで苦労した人は多いと思います。

このドラマは、コネを妬むドラマではなく、コネで苦労している側の気持ちも考えた作品なのではないか?と推測できます。

コネによって、苦しい思いをしている人や、過去に嫌な思いをした人も見ていると何か共感できる部分があるかもしれません。

③ 夢を失った後の生き方

過去に夢を持っていたけど、理由があってこのドラマの主人公のように諦めなければならないような事態になってしまった人は世の中に数多くいると思います。

もし、夢を諦めることになっても、別の生き方もあるという指標になると思われます。

個人的には、諦めた囲碁とはどう向き合っていくのか?が気になるところです。囲碁は全く出てこないのか?それともドラマの中で未練がある姿が描かれるのか?囲碁棋士を諦めることになってしまいましたが、完全に囲碁を断ち切ることができないと思いますので、何かしらの形で囲碁も出てくるのではないか?と思います。もし、囲碁が出てこなかったら、「囲碁棋士になる夢ってそんなに軽いものだったの?」と言うことになりかねませんが…。

展開予想

囲碁棋士の道がなくなった主人公は、フリーターから一流商社に就職するために、1ヶ月のインターンを受けることになりますが、どのようなストーリー展開になるのでしょうか?

あらすじでは、インターンを受けることになった会社で、同僚からのコネや厳しい上司からの言葉、仕事をする上で大変な苦労をしていく中で成長する、ということなので、最後は一流商社に就職して普通に働くことになるのではないか?と予想します。

個人的には、囲碁棋士の年齢が法律で改正されて年齢上限が上がって、囲碁棋士になれました!というハッピーエンドも見てみたいところですが…、まあ、難しいでしょうね。

視聴率予想

前クールのOUR HOUSEは、裏番組の99.9 刑事専門弁護士などの原因もあり、4.8%という低視聴率を出したことも話題になりました。満を持してのジャニーズ主演のドラマで巻き返しを図りたいところでしょうが、難しいと思われます。

理由は、変わらず裏番組にTBSドラマが放送されることと、日本テレビでは、行列のできる法律相談所が放送されていることにより、どんなに話題になっても、ライバルが多すぎて、高視聴率を取るには相応しくない時間帯であると言えるからです。

さらには、フジテレビへの風当たりが厳しくなっている中で、韓国ドラマが原作であるということから、ドラマの内容がどんなに良くても、1話をそもそも視聴しない人が続出するのではないか?と推測できますので、OUR HOUSEのように視聴率は1桁台になってしまうのではないか?と予想します。

ドラマの内容が良かった場合、仮に視聴率が悪くても録画で見る人が多かった場合、トレンドワードになる可能性はあると思われます。

2016年7月スタート夏ドラマ一覧まとめへ

スポンサーリンク