お手軽シュレッダーはさみ「秘密守り切ります」のアイデア誕生秘話+ハサミを使った新しいアイデアを考案

PAK85_hasamiippai1252_TP_V
スポンサーリンク

テレビ朝日系列で放送されている「マネーの神が降りてきた!!」という番組でお手軽シュレッダーはさみのアイデア誕生秘話を放送しておりました。

お手軽シュレッダーハサミとは?

そもそも、シュレッダーハサミって何?って話ですよね?

個人情報が記載された紙媒体を細かく切り刻んで処分するときに使われるのが会社などにある大きなシュレッダーの機械です。機械ですので、電気も必要ですし、全自動で切り刻まれます。

機械ではなく、人間がハサミを使って紙媒体を切り刻むときに使われるのが、シュレッダーはさみです。シュレッダーハサミは持つところは普通のハサミなのですが、切る刃が何本も付着しているのが特徴になります。

誕生秘話を紹介

上記でシュレッダーハサミを説明してみましたが、言葉にしてみると難しいですね(>_<)

誕生秘話を紹介した方が分かりやすいと思います。誕生秘話は以下の通りです。

① のりを千切りに切るのがめんどくせ~<(`^´)>


[訳あり] 有明海産 焼きのり お徳用 全形50枚 (キズあり)

考案した人は、のりを千切りにしたかったのですが、何枚も何枚ものりを千切りにするのがとてもめんどくさかったらしいです。私ものりを千切りにしたことがありますが、想像以上に疲れます。

のりを重ねたり工夫しても、何度も何度も…本当にメンドクサイし、地味に指が疲れて痛くなります。

そんなとき、考案者は以下のアイデアを考えました。

② あ、ハサミに刃を増やせば一気に千切りにできんじゃね?(-。-)y-゜゜゜


個人情報を裁断 「秘密を守りきります!」

ハサミの持つところは変えないで、切る部分の刃を何枚にも重ねました

これによって、一枚の「のり」を一回で千切りにすることができるようになりました。楽チン(^-^)

そんなとき……

③ あれ?これって別の使い方できんじゃね?…シュレッダー?!


Amazonベーシック シュレッダー 6枚細断 クロスカット 14L

……とシュレッダーハサミの考案者は気づいてしまったんですね!このハサミをシュレッダーにする発想を!大ヒットして相当儲けたらしいです。

個人情報の処分が連想しやすいように、ハサミのネーミングを「秘密守り切ります」というダジャレにきいた名前にしたのも大ヒットのきっかけにもなったようです。

考察

のりを千切りにするという目的から、全く別のシュレッダーという用途から生まれたシュレッダーハサミは偶然とはいえ、誕生したことで大ヒットすることになったようです。

素晴らしいですね(^-^)正直、羨ましいです!(^^)!

ところで、のりを千切りにするという視点でみると、以下のようなアイテムがあるようです。


パリパリ のり切り隊 A-76428

こちらはシュレッダーハサミでのりを千切りにするアイデアをより効率良く考えて、簡単!楽チン!にのりを千切りにする商品です。数珠つなぎにしていくとまだまだ「のり」と「シュレッダー」で新しいアイデアが考えられそうですね。

ハサミを使った新しいアイデア

私なりに「ハサミを使った新しいアイデア」を考えてみました。

その名は『切れないハサミ』です。

ハサミ=切るという常識を打ち破ったアイデアで、どこからどうみても見た目はハサミなのですが、紙に切り込みを入れようとしても切れない構造にします。

◆切れないハサミの使い道

  • 美容師の練習用
  • 小さな子供の練習用
  • ストレス発散用

こんな感じの使い道はどうでしょうか?

美容師の人はカットモデルや人形を使ってハサミで髪の毛を切ります。髪が切れちゃうのでコストがもったいないです。

切れないハサミがあれば、髪は切る前の段階の練習として使えそうです。

また、小さな子供にハサミを持たせると何かと危険がありますが、絶対に切れなければ安全面は保障されます。

学生や大人であれば、切れないハサミを使ってストレスの発散もできるかも?

まとめ

……というような切れないはさみのアイデアを考えてみましたが、役に立ちそうにはないですね(>_<)

ただ、良きアイデアというのは、最初はしょーもなかったり、何がきっかけになって素晴らしい大きなアイデアになるか分かりませんので「へたな鉄砲数打ちゃ当たる」ではないですけど、今後もアイデアを考えてみたいなーと思います!

スポンサーリンク