2016年参議院選挙の投票率は?投票率を上げるためのアイデアとは?

touhyou_boy
スポンサーリンク

18歳の選挙権!気になる投票率

18歳の投票率は51%でした。

10代では45.45%と全体の投票率を下回る結果に…

2016年から20歳からだった選挙権を18歳から与えるという歴史的な変動があり、参議院選挙前には各テレビ番組で18歳から選挙権特集を組んで毎日のように放送しておりました。

それなのに、19歳は39%と同じ年齢でも2人に1人以下というありさま…。そもそも、全体の投票率よりも下回っているのだから、18歳~20歳に選挙の関心のなさが伺えます。

テレビの特集で若者の意見を聞くと以下の通り。

  • 投票に行くのがめんどくさい
  • 自分が投票しなくても何も変わらない
  • 誰が当選しても変わらない
  • 自分には関係ない
  • 政治に興味ないし、どうてもいい

などなど…。

今回は18歳初めての選挙権という話題が先行して、特集を組まれていたのにも関わらない投票率が低かったので、次回はもっと投票率が低くなるのではないか?と予想します。

ヤバいぞ!これでいいのか?日本??

ということで、投票率を上げるためのアイデアを考えてみました。※法律的な問題は分からないので、法的にOKかNGなのかは考慮しないものとします。

投票率を上げるためのアイデア

① 投票所をお祭り化

150829242519_TP_V

脳科学者で有名な茂木健一郎さんのアイデアなのですが、興味深かったので挙げてみました。

なるほど!これなら若者はイベント事だから集まってくるかも?婚活イベントとドッキングさせても集まって来そうだが、これでいいのか?と言われたら、う~ん。。投票率は少し上がるかもしれないけど、適当に投票する人が増えて大変なことになってしまうかも?

② 選挙割の強化

ticket_waribikiken

センキョ割という選挙に行った人を対象に、お得な特典のあるサービスがあったらしいです。

「皆さんは知ってましたか??」

私は知りませんでした(>_<)

他にも選挙に18歳を対象に、以下のようなサービスも受けられたらしいです。

  • 大阪の某焼肉店で肉の盛り合わせ無料
  • 東京の某ファストフード店ではメロンパンアイスなどが半額

知っていた人は利用していたと思われますが、知らなかった人は利用していなかったということになりますよね?

知らなかったということは損になりますし、そもそもセンキョ割の存在を知っていたら、メンドクサイと思う選挙にも「得するなら行ってみようかな?」という好奇心も生まれて、投票率が上がっていたかもしれません。

だから、次回の選挙のときは、選挙割というサービスの知名度を上げたり、公職選挙法に違反しない範囲で選挙割の新たなサービスを拡張すれば、投票率が上がるかもしれないですね。

だって、選挙に行かなきゃ損な訳ですから。

まとめ

投票率を上げるアイデアは他にもいろいろありますが、大事なのは投票率ではなく、個人が真剣に日本の未来を考えて投票するということですよね?

選挙をお祭り化したり、選挙割で選挙に関係のない付加価値をつけて、投票率を上げたあげたところで適当に投票する人が増えてしまったら、それこそ、本末転倒…ヤバいぞ日本!ということになりかねませんので。

だからといって政治に興味のある若い人が減って投票率が減ったらそれはそれで問題ですし、この問題は根が深そうです。

舛添要一元都知事辞任により東京都知事選も控えておりますが、今後の選挙はどうなっていくのでしょうか?動向が気になるところです。

スポンサーリンク