ポケモンGOで使えるかもしれない歩行代行サービスのアイデア

OJS_imakaraarukidasou_TP_V
スポンサーリンク

ポケモン歩行代行サービスとは?

ポケモンGOでは、卵を孵化させるためにスマートフォンを持って10km歩かなければならないという制約があります。この10kmという距離に利用者は面倒さを感じているようで、日本よりも先行配信されたアメリカでは、ポケモンGOの代歩行サービスpokewalkが登場したらしいです。

仕組みは利用者の代わりに従業員がスマートフォンを持って指定の距離を歩いてくれるというシンプルなもので、価格は2kmで10ドル(約1000円)みたいです。

いろいろ考えますな~(-。-)y-゜゜゜

-shared-img-thumb-ame_yukinosyusakaigan_TP_V

歩行代行サービス案

① プラレール

インターネットで話題になっていたプラレールのおもちゃにスマホを取り付けて、歩行距離を稼ごうというアイデアです。

残念ながらポケモンGOのGPSは同じ場所から動かないと歩いたことにならないようで、あまり意味がないらしいですが、発想としては素晴らしかったと思いました。こんな発想普通しない(笑)

少し応用すれば、おもちゃを使った歩行代行サービスができるような…?

② ジェットコースター

プラレールはGPSの範囲が狭いので、ポケモンGOの歩行距離としては反応しなかったかもしれません。

ジェットコースターならどうでしょうか?

プラレールと同じ仕組みですが、GPSの場所は変わるので、反応してくれるかも?

③ ドローン

プラレールやジェットコースターはどちらかといえば、機械を使っていますが、地上からの歩行システムです。

いっそのこと空から飛ばして歩行距離を一気に稼いでみたらどうだろうか?

ただし、ドローンに括りつけて飛ばしてスマホをどこかに落としたら、大変なことになってしまうから真似しない方がよいでしょう。取り返しのつかないことになりますよ!

④ 長距離トラック・タクシー

ポケモンGOは自動車で歩行距離を稼ぐということができるのでしょうか?

もしできるとすれば、日本では長距離トラックやタクシー運転手には、待ってましたの歩行代行ビジネスになるのではないでしょうか?車の中にスマホを置いておくだけで歩行距離が稼げるのですから。

ただし、もしコレができるのだとすれば、使う側の人は運転手にスマホを預けるというセキュリティ面のリスクを伴うことになります。危険性あり?

⑤ 電車

トラックやタクシーはガソリン代がかかりますので、全くのただで歩行距離を稼ぐということは無理でしょう。

電車ならどうだろうか?

電車は改札さえ通らなければ料金が発生することがありません。

例えば、山手線に一日中乗ってグルグル周っていたらどれほどの歩行距離を稼ぐことができるのだろうか?

これこそ、リアルプラレールですね\(^o^)/

まとめ

ポケモンGOはアメリカで大ヒットして大変な大騒ぎになっています。

単なる騒ぎではなく、ポケモンGOを使った今まで考えられなかった新しい発想のビジネスも生まれています。

もし、日本で発売したらどうなるのでしょうか?そして、ポケモンGOはスマホゲームですのでアップデートして新機能が今後追加される可能性は大です。

誰も予想ができないポケモンGO!いったいどうなってしまうのでしょうか?

今からワクワクが止まりません!!

追記:7/22(金)日本で配信が開始されました!配信後に分かったことなのですが、自動車や電車のようなスピードのある乗り物だと、スマホが歩行したと判断してくれないみたいです。つまり、電車やタクシーで代行サービスはできないようになっているみたいです。任天堂も考えてますな~(-。-)y-゜゜゜

スポンサーリンク