蝉はいつまで鳴き続けるの?蝉嫌いな人必見!蝉を撃退する3つの方法

PPS_kinitomaruhigurashi_TP_V
スポンサーリンク

はぁ~(´・ω・`)また蝉(セミ)が転がってるよ…。玄関に入ろうとしたらこちらをめがけて突撃してきたよ(´・ω・`)

夏は虫が多く、蝉はその中でも虫嫌いの私にとっては憂鬱で夏嫌いの一つの要因でもあります。

例年多いのですが、2016年は猛暑だったせいか道端に弱った蝉が転がっている率が高かったように感じました。

一体、蝉はいつまで現れ続けるのでしょうか?

蝉はいつまで鳴き続けるのか?

蝉にはいろんな種類があり、以下の通りになります。例外として、猛暑が8月・9月を超えても続くような場合は、蝉は鳴き続けるらしく、11月中旬になっても鳴き続けることもあるそうです。

猛暑の年は蝉嫌いな人にとって憂鬱な期間が続くことになりそうですね。

  • 8月中旬…クマゼミ
  • 8月末…ニイニイゼミ
  • 9月末…ミンミンゼミ
  • 10月中旬…アブラゼミ
PPW_mushitorikago_TP_V

蝉の撃退法

極端な虫嫌いな人にとって蝉の問題は笑いごとではありません。触るのもいやですが、そもそも見るのも嫌なのです。道端に転がっていて動かない蝉を見るだけでも嫌なのです。

そんな蝉が玄関にいて突撃した日には、逃げ回るしかありません。玄関にいるだけで家の中に入れないことも冗談抜きであります。

これは蝉対策をしなければ…と思いましたので、蝉の撃退法を調べてみました。いろんな方法があったのですが、その中でも厳選した3つの方法を紹介します。

① 木酢液を玄関にまいておく

蝉が寄り付くであろう玄関のコンクリートや近くの木にまいておくことで、蝉よけスプレーの役割を果たしてくれるのが、木酢液(もくさくえき)と呼ばれる液体です。

最大のメリットは、殺虫剤ではないということ!現れてからでは手遅れ、直接手を下すのも苦手という人にはお勧めの方法です。

② 夜対策はLED蛍光灯ブロック

蛍光灯に虫が暗くなると集まってくるというのは常識ですが、LED蛍光灯にしてみると蛾などの虫が寄ってこなくなったという報告例があるようです。

節約にもなりますので、一石二鳥ということで夜の蝉対策に試してみる価値があるかも?

③ セミの殺虫剤は存在しないけど…

蝉の殺虫剤がホームセンターなどで販売していないのはご存知でしょうか?

蝉の殺虫剤がどこに行っても売ってなかったんです。

調査してみたところ、蝉は大きいので殺虫剤が効きにくいということから蝉専用の殺虫剤というのは存在していないようです。開発はできるのでしょうが、蝉の大きさに聞く強い殺虫剤は人間にも悪影響を及ぼす可能性があるのだとか…。

さらに調べてみたところ、スズメバチ専用のハチノックならば蝉にも効果があるみたいです。玄関に入る前に遭遇してしまった場合、最後の手段として使うのもありかもしれませんね。

bsPAK99_semidonsoro20140301

まとめ

蝉が嫌い、虫が嫌いと豪語しましたが、蝉って儚いんですよね(´・ω・`)切ないんですよね(´・ω・`)

それを考えると、③の手段は使いたくないですね…。除去スプレーなどを使って玄関に寄り付かないような対策を来年はしたいと個人的には思いました。

スポンサーリンク