サバイバル生活で持参しておきたい最新防災グッズ7選

solitude-1209296_1280
スポンサーリンク

アイ・アム・冒険少年 真夏の大脱出SPとは?

2016年8月31日にナインティナイン岡村隆史さんが司会で放送していたTBS系列のバラエティー番組です。内容は、無人島(inパラオ)でサバイバル生活を行い、有人島まで脱出するというものでした。

ただ、脱出するのではなく、3人の芸能人がそれぞれ以下のカテゴリを駆使して誰が一番最初に脱出できるか?を競う形式でした。

① 最新防災グッズ(安藤美姫)

  • テントやカヌーなど、最新の防災グッズを駆使して、無人島脱出に挑む!

② スマホアプリ(中村静香)

  • 便利なスマホアプリを使って、無人島脱出に挑む!

③ 自給自足(あばれる君)

  • 最新防災グッズもスマホアプリも使わないで完全な自給自足生活で、無人島脱出に挑む!

内容は上記の3つでしたが、中でもあばれる君の自給自足にはグッズもスマホアプリも使わないということで雨水を自分でろ過して無理やり飲んだり、自力で火をおこしたり、夜は海外の蚊に刺されて下唇が腫れ上がるなど悲惨なことになっておりました(´・ω・`)

最終的に優勝したのは、最新防災グッズと駆使したフィギアスケート選手の安藤美姫さんが一番最初に抜け出して優勝しておりました。

今回は、番組の中で安藤美姫さんが活用していた最新防災グッズを紹介します。

MIYAKO0I9A0148_TP_V

サバイバル生活で持参しておきたい最新防災グッズ5選

① ネッツメン

全身から蚊の攻撃を防いでくれるウェアです。簡単にいえば、蚊よけの服を着て攻撃を全身から守るイメージです。

無人島のようなサバイバル生活でも活用できますが、家で行うガーデニング作業や農家の人の作業にもオススメです。

② テントサイル

宙に浮くテントです!

このテントの最大のメリットは、地上を這う害虫や動物の侵入を防ぐことができる点です。

重量はテントの種類によって異なりますが、上記のような3人用のテントならば、人間3人分の重量が加わっても、空中でテント生活を楽しむことができます。

③ 簡易トイレ

無人島のような未開の地では、トイレがありません…。

そういった場所で便利なのが、簡易トイレです。

ワンタッチテントと組み合わせればプライバシーを守ることもできます。複数で利用したい場合には、組み合わせると良いでしょう!

④ アクアスキッパー

水中の上を手漕ぎの自力で最大時速27kmのスピードを出すことができる夢のような乗り物です。

ただし、方向転換できないことと、水中で一度止まってしまったり、沈んでしまうと、再スタートすることができないというデメリットがありますので、サバイバル生活には向いていないでしょう。

水中で遊び用の乗り物として利用すると楽しいと思います。

⑤ 携帯カヤック

携帯カヤックで、質量が19kgしかありませんので、超軽量です。

海上を伴うようなサバイバル生活にあれば安心の乗り物になると思います。

⑥ サバイバルフーズ

25年間長期保存可能の保存食。

味にも定評があり、宇宙食としても重宝されております。

サバイバル生活だけではなく、災害があったときにも役立ちそうですね!

⑦ ドライミー!

お湯を使わない粉末状のシャンプーでいつでもどこでも頭を洗うことができる優れもの!

どうしてもお湯や水が確保できないときなど、いざというとき用のシャンプーとして女子が持っておきたいシャンプー。

おまけ

YUKA20160818333714_TP_V

番組の中では、最新防災グッズだけではなく、スマホアプリを使った無人島を脱出するためのアイデアも紹介されておりました。

  • 起動しておくだけで蚊が寄り付かないアプリ
  • 潮の満ち引きが分かるアプリ
  • 今いる場所に雨がいつ降ってくるか分かるアプリ
  • 来た道を戻ることができるアプリ
  • キノコの写真を映すと毒キノコか瞬時に判定してくれるアプリ
  • 魚の写真を映すと魚の種類を瞬時に判定してくれるアプリ
  • 写真で撮ったものが何であるかを識別してくれるアプリ

……凄いですよね(*^▽^*)

どれも魔法のようなことなんですけど、実際に存在するスマホのアプリで番組の中では、中村静香さんが上手にアプリを駆使していました。

スマホアプリはアイデアさえあれば、実現できないものはないといっても良いぐらい進化しているんだなーと改めて思いました。機会があったら、面白そうなスマホアプリのアイデアを考えてみたいと思います。

スポンサーリンク