【君の名は】大ヒットした理由は?男女入れ替わりの作品3選

150415022548_tp_v
スポンサーリンク

「君の名は」10日間の興行収入!

  • 公開2日間で7.7億円(前作の推定総額1.5億円を超える)
  • 公開3日間で動員96万人、興収12.8億円
  • 公開10日間で動員299万人、興収は38.7億円

凄すぎる(*^▽^*)

2016年に大ヒットしたアニメ映画といえば、名探偵コナン純黒の悪夢です。コナンは、公開2日で興行収入12億円を突破だったので、君の名は1日遅れての12億円達成となりますが、ほとんど変わらないと言ってもよい興行収入ですので、大成功といっても良いのではないでしょうか!

「君の名は」のあらすじ

東京の新宿区に暮らす男子高校生の立花瀧は、ある朝、目を覚ますと飛騨の山奥にある糸守町の女子高生宮水三葉になっていた。そして、三葉は瀧の身体に入れ替わってしまっていたのだ。2人とも「奇妙な夢」だと思いながら、知らない誰かの一日を過ごす。
翌朝、無事に元の身体に戻った2人は、入れ替わったことを自覚しておらず、記憶もおぼろげになっていたが、周囲の人達の反応から、「入れ替わり」が起きたことによって、ただの夢ではなく実在の誰かと入れ替わっていることに気づく。2人はスマホのメモを通してやりとりをし、入れ替わっている間のルールを決め、元の身体に戻ったあと困らないよう日記を残すことにした。

注目すべき点

あらすじから注目すべき点は、男子高校生と女子高校生が入れ替わってしまうというストーリーです。

男女身体が入れ替わってしまう作品は、過去に何十、何百…といくらでもあり、王道中の王道のストーリーです。その王道の入れ替わりをきっかけにした作品がここまでヒットするとは、想定した人も少なかったのではないでしょうか?

「君の名は」がヒットした理由を考察してみると、

「男女入れ替わりの話ってあるあるだけど、なんでこんなにヒットしているんだろう?え?感動する話なの?気になる!観てみたい!」

というような感じなのではないでしょうか?最近のアニメや漫画は、複雑怪奇で難解なストーリーがありますが、今の時代は、単純でシンプルかつ、王道のストーリーをベースにした方が分かりやすくて大ヒットしやすいのかもしれないですね。

さて、今回は過去にはどんな男女入れ替わりの作品があったっけ?ということで男女入れ替わりをテーマにした作品を3つ紹介します。

tsj93_dareda-20150208133504_tp_v

男女入れ替わりの作品3選

① 思春期ビターチェンジ

小学4年生の木村佑太は、ある日、公園の木から落ちて同級生の大塚結依と激突してしまう。

何とかケガもなく済んだ二人であったが、その拍子にふたりの意識が入れ替わってしまった。

困惑する二人だったが、数日経っても互いが元に戻る様子はなく、やがて「いつ元に戻っても良いように、互いの状況を報告し合いながら」それからの日々を生きてゆくことを決意する。しかしこれが二人の、足掛け十年以上に及ぶ長い年月の始まりであった。

 

② 大木先生と小鮫さん

生徒になめられっぱなしの新米教師・大木と学校一の問題児である女子高生・小鮫。

2人して校舎の窓から落ちるというアクシデントをきっかけに、互いの体が入れ替わってしまう! 絶対に相容れないと思われた二人だったが、一緒に過ごすうちに互いの良いところに気づいていく。

男になった小鮫さんはひたすらカッコよく、女子高生になった大木先生は超キュート!!

 

③ どう男女!?

高校生の工藤里美はある朝、遅刻しそうになりながらもくしゃみをしながら急いで学校の近くを走っていた。そこに同じ状況で走っていたクラスメイトの大葉武と角で衝突!!それがきっかけとなり2人の心が入れ替わってしまう。2人ともお互いの初めての状況に慣れず、混乱続きの毎日であった。

里美の親友である三谷真理子は、武の親友、吉永 直茂のことが好き。だけど、武は真理子の事が好き。入れ替わった中、武はそんな複雑な想いを抱えながらも武になった里美は色々とおせっかいを焼くことになってしまうのだが。

果たして入れ替わった主人公たちの運命は?

まとめ

男女入れ替わりと聞いただけで何だか読んでみたいと思う作品が結構ありますよね?

既存の漫画やアニメでも同じことが言えると思います。

例えば、ドラゴンボールで悟空とブルマが入れ替わっちゃう回をやるとか。ワンピースではサンジがナミの体になってしまったことがありましたが、ルフィとナミが入れ替わってしまい、ルフィが戦闘に参加することができないという島の話があっても面白くなりそうですので、男女入れ替わりというのは、新規でも既存でもいろんな作品に応用できそうですね。

君の名はでは、男女入れ替わりが物語の導入部となっていますが、実はそこからが面白いんですよね…。観にいけたら映画館に足を運んで観たみたいと思います!

スポンサーリンク