【iPhone7】イヤホンジャックがない理由~メリットとデメリットから本当になくて良いのか?

gori0i9a0921_1_tp_v
スポンサーリンク

iPhone7が9月16日ついに発売!しかし…

ついに待ちに待ったiPhone7が発売!ホリエモンこと堀江さんも購入することをTBS系列のサンデージャポンの中でも言及していました。

iPhone7の目玉は、『防水機能』と『おサイフケータイ』

Androidユーザーから言わせてもらえば、「え?いまさら??」といった感じが満載なのですが、まぁ…iPhoneに初搭載されたということで、iPhoneユーザーには嬉しすぎる機能でしょう!

でも、予想していなかった大変な事態が発生しました。

『イヤホンジャックがない?!あれ…?本当にないよ……どこにもないよー!!!』

どうやら、iPhone7では光学式手ぶれ補正を搭載し高性能化したカメラモジュールが場所をとってしまったため、他のスペースを確保する必要があり、イヤホンジャック廃止の一因となったそうです。

「え~、そりゃないぜ…(´・ω・`)」

イヤホンジャックがないというのは、iPhone7を買うか?買わないか?に関わる重大な問題事項になるのではないでしょうか?

イヤホンジャック廃止に関するメリットとデメリットをまとめてみました。

イヤホンジャック廃止のメリットとデメリット

メリット

  • バッテリーの容量が拡大(iPhone 7で14%、iPhone 7 Plusで5%UP)※1~2時間長持ち
  • iPhoneで初めての耐水性能
  • 振動で感触を再現するTaptic Engineの搭載しやすさUP

デメリット

  • 今までのイヤホンが変換ケーブルを使用しないとそのまま使えない

  • イヤホンを聴きながら充電できない

従来のイヤホンの代替

iPhoneでは、従来の有線タイプのイヤホンよりも、無線タイプで飛ばして聴くタイプのイヤホンが主流になると言われています。

しかし、Twitterなどインターネットの反響では、

  • 失くしやすそう
  • 無線だから音質が悪くなりそう
  • なんかダサい

というような意見が多いようです。

まとめ

イヤホンジャック廃止に伴って、バッテリー容量が増えたことなどのメリットがある一方で、『変換ケーブルを使わなくてはならない』というのが面倒臭がりの人や、充電しながら音楽を聴きたい、見た目を重視する人にとっては、『買おうと思っていたけど、iPhone7を買うのをそもそもやめよっかな?』と思うぐらいの大きなことだと思いました。

購買意欲を変えてしまうぐらいのことですが、アップルはそれでもイヤホンジャックを廃止したというこの選択は果たして吉と出るか?凶と出るか?売上も気になるところですね!

スポンサーリンク