【2016年秋ドラマ】コック警部の晩餐会を観る前に知っておきたいポイント3つと展開を予想

kore20160715582605_tp_v
スポンサーリンク

テレビ局

  • TBS

放送時間

  • 毎週水曜24時10分

出演者

  • 柄本佑
  • 小島瑠璃子
  • えなりかずき

原作

なし

あらすじ

柄本佑演じる主人公の古久星三は、捜査一課特命警部で料理の腕前がプロ級のコック警部。捜査方針は「料理は噓をつかない」という一風変わった独自の理論でマイペースに捜査を進めます。

罪を逃れてのうのうと好きなものを食べている犯人を絶対に許さないコック警部は、被害者を理解するため、被害者が食したものを再現して推理を行う。また、容疑者たちに料理をもてなし、料理を食すその一挙一動から犯人を見つけ出す異色の推理が披露されます。コック警部の優しさと犯人を追いつめる彼のブレない正義感は、警部でありながらグルメ界のニューヒーローとなりえるかもしません。

視聴する3つのポイント

① 料理で事件を解決するグルメミステリー

グルメ×刑事という斬新な切り口を描くドラマです。

  • 既存の刑事ドラマに飽きちゃった人
  • 料理が大好きな人
  • 刑事ドラマと料理の両方が好きな人
  • 斬新な推理ドラマが観たい人

上記の一つでもあてはまる人には、特にオススメのドラマです。

② 個性ある脇役が活躍!

このドラマは、柄本佑演じるコック警部だけが目玉ではありません。

コック警部の相棒・新人刑事の七瀬あずみを小島瑠璃子(こじるり)が演じます。タレント・グラビアモデル・スポーツ番組と様々な分野で活躍してきた小島は、今作がドラマ初挑戦……そう、初挑戦なんです!普段のバラエティー番組とは一味も二味も違った2人が演じる掛け合い・ドタバタ劇は見どころになります。

もう一人、コック警部を目の敵にしている刑事・猫田典雄を演じるのは、幼少期から俳優として活躍するえなりかずきが演じます。さらに、藤真利子が、コック警部の捜査に一目置いている刑事部長・一条千鶴を演じますので、えなり×藤といった実力派俳優の2人が作品にスパイスを加えますので、主演以外の脇役にも注目のさまざまな見どころが楽しめるドラマです。

③ 17歳注目の新人“HARUHI”書き下ろしの新曲「BANQUET」

小林武史プロデュース! 17歳、注目の新人「HARUHI」書き下ろしの新曲「BANQUET」がコック警部の晩餐会の主題歌を担当します。
今年5月に公開された映画「世界から猫が消えたなら」の主題歌「ひずみ」でデビューし、iTunes J-POP アルバムランキング初登場1位、レコチョク上半期新人ランキング2位を記録した話題の17歳です。
今、話題の新人アーティストが、ドラマに独創的な声と世界観の味付けをします。ドラマだけでなく、主題歌に必見です。

展開予想

1話完結でテンポよく、料理を上手く絡めて事件を解決していくのだろうと思います。

特に主人公が過去にトラウマを抱えているような裏設定もないような気がします。むしろ裏設定は必要なく、最終回も普通の感じで終わって評判が良ければ、第2シーズン、第3シーズンと続いていく作品になっていく可能性も秘めたドラマになるかもしれません。

視聴率予想

水曜日の深夜帯のため、視聴率は2~5%が良いところではないでしょうか?視聴率は低いかもしれませんが、面白ければSNSなどで拡散していくものと推測されますので、視聴率が低かったとしても評判さえよければ、続編は期待できるかもしれません。

2016年10月スタート秋ドラマ一覧まとめへ

スポンサーリンク