【2016年秋ドラマ】IQ246〜華麗なる事件簿〜を観る前に知っておきたいポイント3つと展開を予想

ell91_jinjyanotemizuba20130826_tp_v
スポンサーリンク

テレビ局

  • TBS

放送時間

  • 日曜21時

出演者

  • 織田裕二
  • 土屋太鳳
  • DEAN FUJIOKA
  • 中谷美紀

原作

なし

あらすじ

北鎌倉に法門寺家という名家がある。

「あー、暇だ暇だ。どこかに私が解くに値する謎はないものか」

織田裕二演じる法門寺家の89代目当主・沙羅駆はやんごとなき人物の末裔で、例に漏れずIQ246の天才!!凡人が治める今の世は刺激が少なすぎて、常に暇をもてあましていた。

そんなある日、土屋太鳳演じる警視庁の刑事・和藤奏子は突然捜査一課に配属された。彼女に与えられた任務は凶悪事件の捜査ではなく法門寺家当主の護衛!そこが東京の治安を守る警視庁の刑事がなぜ北鎌倉で奏子は法門寺家を訪れることになる。そこには沙羅駆ではなく、ディーン・フジオカ演じる代々法門寺家に使える執事の89代目・賢正だった。奏子は執事がいること自体に驚き…。

視聴する3つのポイント

① IQ246という超人的な天才の推理

冒頭はあらすじのとおりですが、織田裕二演じる沙羅駆はIQ246という超がつくほどの天才です。その天才が事件を解決していくという展開は見ていて気分爽快です。今までの刑事ドラマでも天才が事件を解決していく展開はありましたが、IQ246まで高い数値はなかなかありません。天才が事件を解決していくドラマが好きな人にはおススメです。

② 織田裕二演じる沙羅駆の奇抜な演技に注目

今回、主人公・沙羅駆を演じる織田裕二さんの演技は、……かなりクセがあります(笑)

  • 踊る大捜査線、ではちょっと組織の枠をはみだした刑事役
  • 振り返れば奴がいる、では悪役医者役
  • 外交官黒田康作では、格好良い、超クールな外交官

とさまざまな演技をしてきましたが、今回は、

  • 相棒の杉下右京と古畑任三郎を足して2で割ったような?

明らかに癖のある一般人とはかけ離れた役どころです。

インターネットやSNSでは、織田裕二さんの今回の演技に賛否両論あるようですが、クセのある役のため、

  • 「奇抜で面白い演技」
  • 「観れば観るほど、クセになるかも?」

という意見も多いようです。

初回から演技について討論されておりますので、今後はこのままキャラを続けていくのか?観れば観るほどクセになるキャラクターになっていくのか?織田裕二さん本人にも注目したい作品です。

③ 毎回登場する豪華なゲスト

初回のゲストは「石黒賢」でした。石黒さんといえば、振り返れば奴がいるでは、悪の織田、善の石黒といわれたほど、対立した役でしたが、今回のドラマでは、振り返れば奴がいる以来の何十年ぶりかの共演だったようです。

このドラマは、基本的には1話完結で犯人がいて事件を解決するという流れになっておりますので、毎回犯人役をして豪華なゲストが出演されます。

織田裕二さんも久しぶりのドラマですが、これまでに共演した人、共演して来なかった人とのコレボレートにも注目どころです。

展開予想

〇〇〇

視聴率予想

日曜21時のTBSといえば、かつて半沢直樹で最終回には視聴率40%を超えたこともある時間帯です。もしIQ246が高評価されれば、40%を超えることも不可能ではないかもしれませんね。

ただ、40%を超えるのはよほどのインパクトがない限り、超えることは難しいことでしょう。そういう意味では織田さんの奇抜な今回の演技は勝負に出ているのかもしれません。

ドラマに出演されている土屋太鳳さんはTBS感謝祭に番宣で出演されておりましたが、恒例の駅伝で頑張っていて、周りの芸能人は感動!SNSでも感動と話題になっておりました。感謝祭きっかけで土屋太鳳さん目的で見るような人も増えるかもしれませんね?

予想では、ドクターXや相棒もある今期に越えるのは難しいと思われますので、15%ぐらいになると予想します。

2016年10月スタート秋ドラマ一覧まとめへ

スポンサーリンク