【原点回帰】35周年記念!雪見だいふくを食べてみた【2016年】

%e9%9b%aa%e3%81%a0%e3%82%8b%e3%81%be
スポンサーリンク

今日ももちもち!雪見だいふくは2016年で35周年を迎えました(*^▽^*)

%e9%9b%aa%e8%a6%8b%e3%81%a0%e3%81%84%e3%81%b5%e3%81%8f_1

2016年で35周年を迎えた雪見だいふく…って?

え!?( ^ω^)

まだ35周年だったんだ!って印象です。もっと昔からあるのかと思ってました。それこそ、50周年とか60周年とかいう印象でした…。

ファミコンが2016年で30周年ということで、ニンテンドークラッシックミニが発売されましたが、

雪見だいふくの方が5歳年上になります。

ほっと安心する昔ながらのデザイン(*´ω`)

%e9%9b%aa%e8%a6%8b%e3%81%a0%e3%81%84%e3%81%b5%e3%81%8f_2

このデザインは本当にホッとします。昔ながら変わらず!変わらないから良いんですよね?

正直、雪見だいふくは久しぶりに購入してみましたが、まるで学生時代に初恋の人に久しぶりにあったような感覚で感動しました。

まあ……初恋の人と35年ぶりにあったら明らかに変わっていると思いますが( ゚Д゚)雪見だいふくは変わらないところが良いですね( ;∀;)

外側はもっちもち!

%e9%9b%aa%e8%a6%8b%e3%81%a0%e3%81%84%e3%81%b5%e3%81%8f_3

なんといっても、雪見だいふくといえば、『だいふく』なんですよね。つまり外側の餅

この餅がもっちりで美味すぎる!そもそも、アイスに餅を使うという発想が凄すぎますね!2016年から考えても斬新!今でも存在している理由が分かるような気がします。

専用のスティックを使って食べるスタイル

%e9%9b%aa%e8%a6%8b%e3%81%a0%e3%81%84%e3%81%b5%e3%81%8f_4

専用のスティックで食べるというのも斬新ですね!

普通はアイスはスプーンで食べます。でも、雪見だいふくはスプーンで食べるのではなく、スティックでだいふくに刺して食べるという斬新さ!

食べるスタイルは、もちに刺してそのままだいふくにかぶりついて食べたり、中身のアイスを少しずつ食べたり、人それぞれだと思いますが、スティックを使うというところが子供でも大人になってもウキウキしてしまいます。

中身は濃厚なバニラアイスが特徴的

%e9%9b%aa%e8%a6%8b%e3%81%a0%e3%81%84%e3%81%b5%e3%81%8f_5

改めて分かったのですが、中身のバニラアイスはオーソドックスですが、激ウマです。

純粋な濃厚な100%のバニラアイスなのですが、バニラ好きにはたまりません!

ただのバニラアイスなのですが、外側のもちと食べるをモチモチとした食感も同時に味わうことができますので、一緒に食べても相性抜群だし、アイスのみ食べても美味しいです。

なので、ただのバニラアイスと雪見だいふくのどっちを買う?と2択で攻められたら、私なら雪見だいふくの方を選択してしまいますね。昔ながらですが、2個も楽しめるのは贅沢ですね!

パッケージの裏側には、35周年感謝のメッセージが!!

%e9%9b%aa%e8%a6%8b%e3%81%a0%e3%81%84%e3%81%b5%e3%81%8f_6

雪見だいふくはウサギがキャラクターだったんですね。それは初めて知りました(^◇^)

35周年のメッセージとして、「これからもどうぞ宜しくお願いします」と記載されておりますが、こちらこそ、よろしくお願いします!です。

ごちそうさまでした( ̄ーΑ ̄)

%e9%9b%aa%e8%a6%8b%e3%81%a0%e3%81%84%e3%81%b5%e3%81%8f_7

あっという間に食べ終わりました。2個あるというのはポイントですね。ちょっとしたおやつなら大福で餅含まれているせいか満腹感がありました。

食べ終わった容器は何かに使えそう?

%e9%9b%aa%e8%a6%8b%e3%81%a0%e3%81%84%e3%81%b5%e3%81%8f_8

くだらねぇアイデアですが、この形状はいろいろと何かに使えそうですね。例えば、

  • 醤油とソースたれ入れ
  • チョコレートを流し込んで固める容器
  • ご飯を入れて小さなおにぎりを作る容器
  • 自由研究の題材に!
  • 上記の写真のように、裏返してムフフ…なこと

いろいろ使えそうですが、この容器を何かに活用している人はいるのだろうか?

……っと話は逸れましたが、雪見だいふく35周年おめでとうございます!(^^)!

これから、雪にだいふくはスイートポテト味やおしるこ味など発売されていくようですが、オーソドックスなバニラ味はいつまでも何も変わらずに継続していってほしいですね!

スポンサーリンク