【セブンイレブン】ラストレシピの料理人柳沢健が作る渾身の炒飯を食べてみた

キリン
スポンサーリンク

ラストレシピの炒飯登場!!

ラストレシピチャーハン_2

料理人柳沢健が作る渾身の炒飯

ラストレシピとは、主演:二宮和也×監督:滝田洋二郎の日米アカデミー賞受賞コンビ初タッグの映画です。

映画の正式名称は、『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』

映画は見たことはありませんでしたが、「美味しそうなチャーハンじゃん!」と思って、思わず衝動買いしてしまいました。

まるで黄金チャーハンのような見た目が特徴

ラストレシピチャーハン_3

料理人柳沢健が作る渾身の炒飯

特徴的なのが、黄金チャーハンをイメージさせる卵一色が印象的な炒飯です。

チャーシューのような肉類が見当たらず、エビのような海鮮系もなく、卵一本で勝負といったのが印象的!

中心にネギがのっていますが、ネギが苦手なひとは避けられるようになっているのが良いですね。好きな人はガッツリ混ぜ混ぜしてお召し上がりになって頂ければ幸せになれると思います\(^o^)/

卵炒飯好きなら納得の美味!

ラストレシピチャーハン_4

料理人柳沢健が作る渾身の炒飯

気になる味は、見た目の通り、黄金炒飯ですね。卵の甘みが口の中全体に広がりました。

卵だけではなく、バターの風味も感じられますので、卵の甘み✕バターの甘みのコラボを楽しみたい人は必見です。

中華料理屋さんでよくある味の濃い炒飯とは違ったやさしい炒飯だと思います。

カロリー数は660kcalと若干高め…。バターが結構な量使われてそうな予感。油の量もまあまあの印象。

辛味のある高菜が良いアクセント

ラストレシピチャーハン_5

料理人柳沢健が作る渾身の炒飯

少々絡みのある高菜が良いアクセントになっています。

やはり、卵一色の黄金チャーハンだけだと途中で飽きがでてきます。

その飽きをカバーしているのが高菜です。交互に食べると、一緒に食べると、尚美味しい!

飽きまで計算しつくされた炒飯といっても良いでしょう。

年々レベルが上っている冷凍食品のチャーハンでもなかなか味わえない種類のラストレシピのチャーハンをぜひお試しあれ!

スポンサーリンク