【まいにちチクショー批評】今年はネズミ年かと思ったら~?

スポンサーリンク

2020年1月2日のまいにちチクショーはどうなった?

2020年に入って3年ぶりに再開したこのブログ!

コウメ太夫のまいにちチクショーを批評することを決めたのですが、早くも続けることに心が折れそうです。

だって、初日からおみくじでメチャクチャなので、どう批評して良いのか?を考えるだけで頭が痛くなってきました。

正月三が日から頭が痛くなることなんて、今回が初めてですよ……

さて、1月2日のまいにちチクショーは3ツイートありましたので、順番に見ていきたいと思います。

カフェ併設便座カヴァ~ミュ~ジアム

「カフェ併設カヴァーって何?」

ググってみたらこんなのが出てきました。

「ほう、スヌーピーミュージアムとか、藤子F不二雄ミュージアムとか、のこと?」

「いや、便座って書いてあるから、トイレ関係のミュージアムなんだろう??」

正月早々なんて下品でお下劣極まりないネタなんだろうか?

それにしても、コウメ太夫が引っ越して潰れるパターンは前にもあったような気がするのは気のせいだろうか?

これは気のせいではない。きっとネタの使い回しだろう(´・ω・)

もし、真実であるなら、潰したい店があったらコウメ太夫を投入すれば、話が早そうだ!

電子マネ~でお賽銭

「電子マネーでお賽銭ってできるのかよ?」

「嘘つき太夫め……」

と思っていたらあるのかよ!

世界遺産の神社で電子マネーが使用可能に!なっているようだ。

コウメ太夫は冗談で言っているのか?それとも知っていたのか?知らずに言っているのか?

もし、知らずに電子マネーでお賽銭というワードが出てきたのだとしたら、発想力は凄い!きっと、ビジネスのヒントになることがこれからツイートされる可能性があるだろう。

もし、知っていて電子マネーでお賽銭というワードが出てきたのだとしたら、宗教観を超越した現代社会に何かを重要なことを我々に問いかけているのかもしれない。

今年はネズミ年かと思ったら~?


これは実に感慨深いツイートである。

ネズミ年かと思ったら、という問の答えは、ネズミ年だ。

だって2020年の今年はネズミ年なんだから、それ以外の答えはない。

だからその後に続く言葉は「ネズミ年でした~」、以外はありえないはずである。

しかし、コウメ太夫は、「ワンニャンに食われました~」と言っている。

ネズミ年だから~ネズミがワンニャン(犬と猫)に食われました~ならネズミ年だからネズミが!という意味だが、コウメはネズミ年だと思って考え事をしているときも「いかなる時も油断してはいけない」という『油断こそ弱肉強食の根幹であること』を訴えかけている社会性のあるメッセージを我々に問いかけているのではないだろうか?

実に、社会性のある干支を絡めた素晴らしい風刺の効いたツイートである。

まとめ

あー、頭が痛い(T_T)

まいにちチクショー批評……3日坊主すら続かないかも。。

チクチュウ~!!

スポンサーリンク