【まいにちチクショー批評】七草がゆと不自然なツイートの巻

スポンサーリンク

毎日しんどいけど、コウメ太夫に助けられているような気がする

正月休みが明けてから、仕事が辛く、精神的に余裕がなく、かなりしんどい日々を送っています。

2020年に入ってからもコウメは相変わらず、毎日ノンキに意味不明なツイートをしていて、

「私の悩み事なんて、ちっぽけなモノなんだな」と思わせてくれることもあり、少しだけ…ほんの少しだけコウメに助けられているような気がします。

さて、そんな正月明けで辛い中、コウメがつぶやいた、まいにちチクショーを見ていきましょう。

七草がゆは雑草がゆにすり替えられると思ったら~

七草がゆとは、聞いたことがありますが、そもそも何って話ですよね?

Wikipedia情報によると、以下のことを七草がゆというらしいです。

七草がゆ・七草粥(ななくさがゆ)・七種粥とは、人日の節句(1月7日)の朝に食べられている日本の行事食(料理)である。

春の七草や餅などを具材とする塩味の粥で、その一年の無病息災を願って1月7日に食べられる。正月の祝膳や祝酒で弱った胃を休める為とも言われる。

この行事は、平安時代には行われていたが、室町時代の汁物の原型ともされている。

出典:Wikipedia

このまいにちチクショーがあったのは、1月7日なので、まさにコウメがつぶやいたのはリアルタイムな情報で、きっと家族と一緒に食べていたのでしょう。

だからといって、

「七草がゆと雑草がゆと差し替えたらいかんでしょ?」

七草がゆは胃を休めるものですが、雑草は確実にお腹を壊してしまうことでしょう。

それを雑草がゆにすり替えそうとした行為は、いただけません。ノットまいにちチクショーです。

コウメは、七草がゆと雑草がゆを差し替えようと思ったけど、結局、失敗して砂利がゆになってしまったようです。

砂利を食べるとどうなってしまうのでしょうか?

調べてみると、砂利の中には、寄生虫や様々な細菌がウヨウヨいるらしいです。

それらを食べてしまった場合に、最も出やすい症状が下痢や嘔吐らしいです。なぜなら体の中に入ってきた悪い菌や虫を体の外に出そうとするから。嘔吐は2〜3日以内にきますが、下痢はもっと遅れてくることもあるらしいです。

きっと、責任感が非常に強いコウメ太夫さんのことだから、責任を持って食べたのだと思います。これからしばらくは、お腹には十分気をつけてくださいね。

謎のツイート!ツイートしたのは誰だ?

こちらの記事で紹介した陣内智則さんネタのまいにちチクショーにどうもありがとチクショウを謎のツイートがありました。

 

【まいにちチクショー批評】寿司屋無料に行ったら~?とハゲ朗報ウレチク毛の巻

まいにちチクショーのハッシュダグがないのですが、もちろん、コウメ太夫によるツイートだと思われます。

一番謎なのが、自分のまいにちチクショーに、自分でどうもありがチクショーと、自分にお礼を言っている点です。

これはどういう意味なのでしょうか?

  • 誰に対して言っているのか?
  • 自分で自分に言っているのか?
  • コウメは一人ではないのか?

前日に、便器が分身の術をしたというまいにちチクショーがあったのは、実は伏線だった説もありますね?

便器と一緒に分身の術で分身した片割れのコウメが自分のツイートを見て、分身先のコウメが分身元のコウメに返信したのかもしれません。

27歳の頃は日雇いバイト

霜降り明星粗品さん27回目の誕生日とコウメの27歳をかけたまいにちチクショーですね。

「霜降り明星粗品さんって27歳なの?若!!それで2018年のM1獲ったとかすげえ。R1もか!」

冒頭で毎日しんどいとお伝えましたが、コウメ太夫は27歳の頃に日雇いバイトで生きるために必死だったと思われますので、まだまだ私は甘ちゃんだったのかもしれません。

そこからまいにちチクショーで日本中、いや、世界から毎日注目されているコウメ太夫を私は尊敬していますよ。

まとめ

1月7日に七草がゆを食べる日だと言うことを知りませんでした。

コウメの#まいにちチクショーには一般常識と教養が含まれていることもあり、人の役に立つこともあるんですね。

このままコウメはまいにちチクショーを毎日続けて、ギネスとかに載ったら、まいにちチクショーが教科書に載る日が来ることがあるかもしれませんよ?(※世界で一番くだらないことがツイッターでギネス獲ったという記録で)

スポンサーリンク