【まいにちチクショー批評】ハイヒールと氷瀑おじさんの巻

スポンサーリンク

ハイヒ~ルで踏まれて最高かと思ったら~

コウメはMで確定

このまいにちチクショーから分かったこと、それはコウメ太夫はMであるということである。

Mじゃなかったら、ハイヒ~ルで踏まれて最高なんて思わないからだ。

Mな女性の性格には6つの特徴があるらしい。

  1. 彼氏はいつもダメ男
  2. いじられ役を買って出る
  3. 男性の冷たい態度に惹かれる
  4. 怒られても響かない
  5. 基本的に断れない
  6. 自分追い込み型

出典:「Mな性格」の特徴6つ  | マイナビウーマン

コウメは女形っぽい格好をしているので、上記が当てはまると思われます。

いじられ役を買って出るというのは、まさに、脱力タイムズでのコウメそのものなので、当てはまっていますね。

そして、怒られても響かないというのも当てはまってそうですね。

間違いない。

コウメはMだ!

氷瀑おじさん

コウメがMであることが分かりましたが、問題なのは、氷瀑おじさんに踏まれましたというワードです。

氷瀑って何?こおりばく?

氷瀑とは、「ひょうばく」と読み、コトバンクの出典によると、

滝が氷結すること。 また、氷結した滝のこと。

を意味する言葉のようです。

写真だとこんなイメージです。

氷爆

氷爆の意味は分かりましたし、イメージもできました。

問題なのは、コウメが踏まれていた氷爆おじさんの正体とは誰のことなのでしょうか?

氷爆おじさんとググってみたのですが、それらしき人物はヒットしませんでした。

画像検索でも「氷爆おじさん」と検索しても上記画像のような、ただの「氷爆」が出てくるのみでした。

つまり、「氷爆おじさん」というのはコウメ太夫が独自に作った言葉・人物であり、この世界には存在していないことです。

恐らくですが、ハイヒールの「かかと」の形が氷爆の形と似ていますよね?

  • ハイヒールの「かかと」ではなく、足に「氷瀑」をつけたおじさんに踏まれていた

と表現することができます。

しかし、氷瀑というのは、滝なので、つららのような尖った氷というわけではありませんので、

  • 氷爆が足で、本体は氷爆から生えている巨大な化け物に踏まれていた

ということになります。

そんな化け物に踏まれたコウメは無事なのでしょうか?

よだれ鶏かと思ったら~

よだれ鶏といえば中国四川地方の料理の一種で、名前の通りよだれが出るほど、美味しいに決まっている。

しかし、おもらし鶏はいかんでしょ?

お下劣。下品。最低。

とりあえず、責任を持って食べてくださいね。

コウメが前日にお召し上がりになった砂利がゆよりはマシでしょう。

まとめ

ハイヒールの「かかと」を見立てて「氷爆」というワードが出てくるというのは、想定外でした。

こんなワードセンスってあります??

意外とインテリなところに驚きです。

やはり、コウメは天才だ。

スポンサーリンク