【まいにちチクショー批評】コウメ太夫!ミルクボーイを”また”パクるの巻

スポンサーリンク

今週の週末は日本全国はメチャクチャ寒かったですね。

朝は、まるで冷蔵庫の中に入れられたような寒さで東京でも5℃とかだったらしいですね。

寒くて風邪をひきそうですが、コロナの猛威が迫っているのも事実でとても憂鬱で不安な2020年の出だしになってしまいました。

さて、不安は尽きないですが、金曜日が終わり、とりあえず安息の土日を迎えることができたので、ゆっくりとまいにちチクショー批評に行ってみたいと思います。

連日のミルクボーイパクリネタ披露

まさかの連日パクる

ミルクボーイネタをパクるのは、想定内でしたが、まさか連日やってくれるとは思いませんでした。

【まいにちチクショー批評】コウメ太夫!ミルクボーイをパクるの巻

「コウメよ、芸人として、恥も外聞もないのか?」

ミルクボーイネタでコウメが伝えたかったこと

とりあえず、ミルクボーイパクリネタをセンテンスに分けて分析してみましょう。

オカンが言うには手の甲にびっしりカンペ書いてる芸人らしいね~ん。

コウメ太夫やないか!。

えええ?

コウメのネタって手にカンペ書いてあったのかよ!

エンタの神様でもカンペを見ながらネタをしていたのでしょうか?

これは衝撃です!

手のカンペが書いてあっての、あの程度の完成度だったということに。。

でなMCできるくらいト~クが上手いらしいねん。

ほなコウメ太夫とちやうやないか!かと思ったら~、

そうですね~。

MCできるぐらいのトーク力があったら今頃は冠番組の司会進行を任されているはずです。

ですが、それがないということは、MCできるくらいのトーク力はないということになりますね。

脱力タイムズを見ていると、とてもMCができるとは思えませんものね。

脳みそ女性ホルモン打ちまくりペラペラおもんないでした~。

コウメのハゲが薄毛発毛プロジェクトで改善されているのは、非常に喜ばしいことです。

しかし、最近になって、女性ホルモンネタが増えているのが気になります。

先日は、女性ホルモン投与をはかいこうせんを受けるという比喩を使ってまいにちチクショーで発言されていました。

【まいにちチクショー批評】コウメ太夫!はかいこうせんを受けてしまう!の巻

いよいよ、薄毛治療による女性ホルモン投与による影響がコウメの中で、な・に・か・が変わろうとしているのではないでしょうか?

元々は女形の芸風なのですが、中身はだたのオッサンです。

女性ホルモンの影響は、外見も内面も含めて、目に見える形として何かしら現れるはずです。

2年間でここまで変わった人もいるみたいなので……

コウメは一体どうなってしまうのでしょうか?

スポンサーリンク