【まいにちチクショー批評】コウメ太夫!鳥のエサのようなものを食べるの巻

スポンサーリンク

コロナ、コロナ、コロナ。

コウメ、コウメ、コウメ。

チクショー!!

それでは、まいにちチクショー批評行ってみましょう。

鳥のエサのような食べ物だなあと思って食べていたら~

コウメついに末期か?

鳥のエサのようなものを食べていると思っていたら鳥のエサだったって、これはいよいよヤバい段階に来ているのではないでしょうか?

ちなみに、鳥のエサはこれです。

まさかコウメは、わざわざamazonで注文して食べたということなのでしょうか?

それでもまともなマイチク

鳥のエサのようなものだったら鳥のエサだったという小学生でもわかるマイチクで意味不明なマイチクではなかったので、意味は通じた良いマイチクだと思いました。

でも、まず鳥のエサを食べようと思ったコウメの神経はちょっとわからないですね。

ちょっとまてよ…

鳥のエサのようなものだったら鳥のエサだったのに、結びのチクショー!!はどういう意図があって、言っているのでしょうか?

これは、完全にボケていますね。

  • おクスリの影響がいよいよ末期の段階に入っているのか
  • それともボケが進行が進んでいるのか

いずれにしろ、ちょっと心配になってしまう、まいにちチクショーでした。

スポンサーリンク