【まいにちチクショー批評】春キャベツとかけまして、ボウリングの球と謎掛けした結果の巻

スポンサーリンク

あああ、三連休が終わってまう。

結局コロナであまり外でもできず、ストレスは溜まる一方ですし、年始から始まっている目のピクピクも絶好調でピクピクしっぱなしです。

もしかしたら、まいにちチクショー批評を辞めたらピクピクが収まるのかな?と思いつつ、今日もまいにちチクショー批評に行ってみたいと思います。

はじめチョロチョロ中ぱっぱ赤子泣いてもフタとるな!かと思ったら~

こりゃわからん

いろいろと解読しようと思ったのですが、マジで意味がわかりません。

コロナも流行っているし、いろいろと考えていたら頭が痛くなってきました。

こっちがマヌケになりそうですよ。

責任を取って下さい。

ガングロにガン白じゃねえか!と言われました~

いつものマイチクと違和感…その正体は?

あれ?何かがおかしい……。

いつもだったら、〇〇だと思ったら〇〇でした。チクショ!!という構成なのに、いきなり、ガングロにガン白だったからチクショー!!と言及しています。

ついにコウメは思考することを辞めたのでしょうか?

ガングロにガン白を翻訳すると

ガングロにガン白というのは、地肌がガングロで、その上から白塗りしてガン白ということになるはずです。

ですが、スッピンのコウメはガングロではないはずです。

そもそも言っていることがおかしいです。

そして、〇〇ではなくという枕言葉がない。

コウメ太夫に何か異変が起きているのでしょうか?

なるほどー。

ガングロとは、外見のことではなく、コウメの存在がガングロということを言っていたんですね。

納得!!

春キャベツとかけまして、ボウリングの球とときます

何もかかっていない説

コウメは頑張って、老舗の芸人を真似て、春キャベツとボウリングの球を説いてみたらいしいですが、残念ながら何もかかっていません。

春キャベツに虫がついていることはありますので、ビックリしてしまうことはあると思います。

ですが、ボウリングの球に虫はついていないでしょう。普通。。

整っていないんですよね。よくこれを全国発信しようと思いましたね?

笑点出演を狙っている説

エンタの神様は、明らかに笑いのレベルが低そうなので、コウメ太夫が出ても、お客さんに大受けで違和感はなかったと思います。

でも、同じ日本テレビ系列の笑点は全く別の話です。

老舗番組で違和感ありありでとてもコウメ太夫が出てはいけない番組のように思えますが、今回は「オレは謎掛けだってできるんだぜ、笑点だって狙えるんだぜ!」と日本テレビ関係者へのアピールをしたかっただけなのではないでしょうか?

残念ながら座布団マイナスでテレビの出演はノーカットは確実で、温厚で知られているあの山田隆夫さんも死ぬ物狂いで座布団を奪い取っていくことでしょう。

スポンサーリンク